ミャンマーラストナイトに行ったレストランSHAN YOE YAR(シャンヨーヤ)

ミャンマー最後の夜はどこでご飯食べようかな〜と思っていたら、地球の歩き方にも載っていて、トリップアドバイザーでも評判の良いレストラン、SHAN YOE YAR(シャンヨーヤ)がホテルから歩いて5分の場所にあった!

ということで

SHAN YOE YAR(シャンヨーヤ)に行ってみました

最後に滞在したのはバホシというエリア。ミャンマー初日のホテルがダウンタウンの中心だったので、ここ周りに何にもないな〜なんて侮っていたのですが、大きな通りに出ればどの方角に行っても何かしらあるという実は便利な場所でした。

大きなスーパーも、ヤンゴンで有名なお菓子Shwe Pu Zun(シュエバズン)も、このシャンヨーヤも歩いて5分くらい。

周りは大きな病院や高めの建物が立ち並んでいる場所にポカンといい雰囲気の建物が。

SHAN YOE YAR(シャンヨーヤ)に到着。

店内は広く、ローカルに観光客、ビジネスマンやミャンマーに住んでいると思われる日本人など、幅広い層のお客さんがいました。観光客は欧米人が多かったです。

私たちが座った席のお隣は商談真っ只中。中古車の話しが聞こえます。たぶん日本からミャンマーに車を売るディーラーさんなのかな?後ろにはヤンゴンで働く日本人の家族と友人達。誰かの誕生日パーティーをしていたみたい。商談や祝い事で使うお店ということは、かなり評判が良いのでは?と思いました。

日本人も多いからでしょう。日本語のメニューもありました。ただし日本語のメニューは「日本人にオススメ」の料理しか載っていないので、品数少なめ。他のメニューは英語ですが、写真付きなので指差し注文でもOK。

ローカルも外国人もこのメローリーフの炒め物を頼んでいる人が多かったので注文してみました。後は店員さんゴリ押しのシャンヌードルと、隣の人が食べていて美味しそうだったので、あさりのガーリック焼きも。

メローリーフの炒め物

メローリーフってなんだろう?と調べてみたけれど不明(笑)シャキシャキした食感で空芯菜ともまた違う。少し苦味があるのですが、優しい味付けでビールに合うしクセになる。相変わらずミャンマーの一皿は大盛り。

シャンヌードル

こちらも優しい味付けで食べやすい。麺は柔らかくてもっちり。スープはあっさりしていてスーッと食べられちゃう。シャンヌードルが本場のインレー湖の町ニャウンシュエでも食べたけれど、また違う食感と味わいでした。どっちも好きな味。

あさりのガーリック炒め

こちらはかなりパンチのあるお味。肝心のあさりの味が…ガーリックに負けてます…。中央に盛られた春雨(たぶん)もガーリック味が強く、量が多い。

隣から美味しそうな匂いがしたのでマネして注文してみたけれど、これは個人的にはうーん…かな。もっといろいろ食べたかったのだけれど、食べ物は残せない性分なので3品とビールとワインでもう満腹。(酒の飲み過ぎが原因かもだけど)

最後の夜も美味しく楽しい時間が過ごせましたが、心の中でとうとう帰国かぁ…と思っていたらやはり…

キュートラ母
帰りたくない!

を連呼するキューラ母。明日は往路と同じ台湾経由で空港のある「桃園で1泊するから!」ということで宥め、ホテルへと戻りました。

明日はいよいよミャンマーともお別れ。早朝にヤンゴン空港へ向かいます。いつも通り、ヤンゴン空港のラウンジをしっかりパトロールしてきましたので(笑)次回はラウンジの様子をお送りします。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »