国によって違うラッキーナンバーが面白い


みなさん好きな数字ってありますよね。ラッキーセブンと呼ばれる7が好きな方は多いと思います。数年前、タイに行った時に知ったのですが、タイのラッキーナンバーは9でした。世界のラッキーナンバーには面白いものがあり、今回は数字でトラベラーしたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告

縁起が良いとされる数字は奇数


これは陰陽道が関わっているそうです。陰陽道では、1・3・5・7・9の奇数が縁起の良い陽の数字とされ、2・4・6・8は陰の数とされています。奇数の中でも9は最大の数なので、「陽の極まった数」とされ縁起が良い数字とされているそうです。

各数字の持つ意味と世界のラッキーナンバー


1は最初の数字です。「はじまり」という事から縁起の良い数字とされています。また、意志・起源・成長などの意味もあり、新しいことに挑戦するという意味でもあるそうです。


2は分裂などの意味や二元論的な考え(対照的な意味を持つ)があり、陰と陽や、善と悪などが二元論の例です。1と1を分ける事ができるということから、あまり良い数字ではないそうです。分かれ道や二面性など…たしかに陰の数といわれたらそんな気もしてきますね。


3は調和の意味を持つ縁起の良い数字とされています。三位一体がよい例です。日本では3とつく言葉やことわざが多いと思います。
三三九度
日本三景
早起きは三文の得
万歳三唱
三度目の正直
などほかにもたくさんあります。縁起が良い数字と言われるのはうなずけますね。


4は物事の基盤となる数字とされています。東西南北などが良い例だそうです。日本では4=死と連想され、あまり良い数字とはされていないですよね。中国も、同じ理由からアンラッキーな数字とされているそうです。一方欧州では十字架の神聖な十文字を表す為、ラッキーナンバーとされています。アイルランドでは四つ葉のクローバー(シャムロック)が縁起物です。幸せの四つ葉のクローバーと言いますよね。死と幸せ。対照的で面白い数字かもしれません。


5は五体、五臓の様に人間を表す数字とされています。指も5本ですしね。協調性や思いやりという意味もあり、なんだか人間的。他にも発展、情熱、変形、変質など個人の自由にかかわる要素があり、とてもポジティブな数字のようです。


6は調和の意味をもつ3が2つあるということで、完全な調和という意味を持つ数字だそうです。やや強引だな…と思うのは気のせい…かな…。豊かな想像力や温和、気品などの意味もあるそうです。しかしそんな温和な6も3つ揃えば666。欧米では悪魔の数字と言われていますよね。3が2つで良い意味なのに、6は3つで悪魔です。不思議です。


7は不動の人気ナンバー、ラッキーセブンですね。創り出す力という意味を持つこの数字は宗教と繋がるものがあるようです。キリスト教ですと、聖書の中で「神はわずか7日間で世界を創造した。」とされ、7はとても良い数字とされているそうです。また、仏教、ヒンズー教では「体には7つのチャクラがある。」とされています。ヨガをされる方はご存知の方が多いのではないでしょうか。チャクラは体に存在するエネルギーの出入り口で、サンスクリット語で車輪、回転という意味だそうです。忘れてはいけないのは七福神ではないでしょうか。7人の神様。なんだかおめでたい感じがしますよね。


8は末広がりで縁起が良いとされています。財産、循環、安定などの意味があり、書くと終わりのない数字です。横にすると無限大の記号にも似ていますね。北京語では、発(発展する、拡大する、大きくなる、金持ちになる、富むなどの意味)と8の発音が似ていることから、最も好まれる数字です。北京オリンピックが2008年8月8日午後8時8分8秒に開催されたのは有名な話です。車のナンバーや携帯番号、部屋番などもこだわって8を付ける方が多いそうですよ。


9は努力、達成の意味を持ちます。しかし、日本では9=苦とされることが多く、アンラッキーな数字とされることが多いですよね。冒頭で書きましたが、9はタイのラッキーナンバーです。カーオ(正しい発音ではありませんが…)という言葉が、発展する、進歩する、前進するという意味があり、9と発音が似ていることからラッキーナンバーとされています。また、ベトナムも9がラッキーナンバーです。こちらは陰陽道から来ているそうで、陽の中で最高値の9は「陽の極まった数=他の何にも劣らない」ということからラッキーナンバーとされています。他には陰陽五行説というのもあり、木、火、土、金、水の5つと、東西南北の4つを足せば9。森羅万象の全てを網羅することができるという諸説もあります。

※森羅万象(しんらばんしょう、しんらばんぞう、しんらまんぞう)とはこの世におけるあらゆる事物、現象。宇宙に存在する一切のもの。という意味の四字熟語です。


余談ですが、ベトナムでポピュラーなビールは333(バーバーバー)ですが、3が3つで9だから幸せを呼ぶビールなんだとか。6と同じで強引な気がしますが、他にもバイクのナンバープレートも足して9になるのを好んだりと、とにかく9が好きな人が多いです。

まとめ

いかがでしたか?各数字の意味は諸説ありますので、これが正解!というものはありませんが、世界のラッキーナンバーって面白いですよね。捉え方ひとつで良くも悪くもなる。全てに通じるものがある気がします。旅先でその国のラッキーナンバーの何かを買うのも楽しいかもしれませんね。

↓参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告
トップへ戻る