スクートで50分のフライト シンガポールへ

スクート機内
クアラルンプールからスクートを使いシンガポールへ向かいました。マレーシアはエアアジアの本拠地であるので、KLIA2のカウンターはほぼエアアジアが占めています。スクートのカウンターはとってもこじんまりしたところにありました。

webチェックインもキオスク(自動発券機)も無いため、カウンターに並ばなくてはいけないという難点がありましたが、それ以外はスムーズで快適。予定通りのフライトでシンガポールへ到着しました。

スクートの座席は広いの?

エアアジアよりスクートの方が座席が広いという情報を得ていましたが、私が乗ったエアバスA319は国際線と言えども国内線と変わらない飛行機だったためか、座席は前日に乗ったエアアジアXよりも若干狭かったです。
スクート座席サイズ
素材は合成皮革でかなり使い込んだ感じではあるものの、クッションはまずまずです。

座席サイズ
座面サイズ:幅38×奥行47cm
背もたれの高さ:73cm
座面高:43cm
前座席まで:24cm

※サイズは約です。若干差はありますことをご了承ください。

慌ただしい機内

たった50分のフライト時間。一応国際線ですので、機内販売が次々きます。

飲み物販売
軽食販売
スナック販売
ゴミ回収
免税品販売

CAさんは大忙し。そのせいかちょっとシートベルトをしていなかった人への注意が荒いかな…と思いました。空調は冷房をガンガン入れていましたが、狭い機内にほぼ満員の乗客と、動き回るCAさんの熱気で、暑からず寒からずといった感じです。

機内販売


スクートメニュー

短いフライトなので、軽食を食べている人は誰もいませんでした。何を販売しているのかな?とチェック。
スクートラーメン
カップラーメン。世界の辛ラーメンはここにもあり。
スクートたまご
ラーメンのお供に…とたまごもしっかりアピール。
スクートビール
癖でビールもチェック。早朝のため飲みませんが…。

そうこうしているうちにもう着陸態勢に入り、シンガポールへ到着しました。

スクートの感想

またスクートに乗るか?と言われたら、条件により乗るかな。といったところです。

クアラルンプールからはチェックイン含め断然エアアジアの方が便利です。もし、エアアジアを使った場合はターミナル4に着きます。将来的に変更になる可能性はありますが、現時点でスクートが離発着するのはターミナル2。
チャンギ空港マップ
※チャンギ国際空港のHPより引用

ターミナル1、2、3は繋がっていますが4は少し離れた場所にあります。(ターミナル2のシャトルバスで移動)

今回は預入荷物があったためできませんでしたが、荷物がない場合、チャンギ空港は変わった作りで、到着後もエアサイドのラウンジに行けるそうです。

制限エリア内のラウンジ巡りという部分で触れています。

【旅計画】エアアジアとスクートで検討してみた

ラウンジを巡るならスクート。スマートに乗るならエアアジア。といった感じでしょうか。スクートも乗り心地は悪くありませんでしたし、私の地元札幌からシンガポール行き(台湾経由)も出ていますので、機会があればまた利用してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »