【シンガポール】セントラル65ホステル レビュー

central65hostel

今回宿泊したセントラル65ホステルはMRTジャラン・ベサール(Jalan Besar)駅から徒歩5分。24時間営業の大型スーパー「ムスタファセンター」へも徒歩5分程で行くことができる立地でとても便利でした。早朝に撮ったためとても薄暗い外観ですが…。目印はフレッシュオレンジジュースの自販機が前にあります。

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告

グルメ通りとしても人気のエリア

セントラル65ホステルがあるのは地元でもグルメ通りと呼ばれているジャラン・ベサールストリート(Jalan Besar st)沿いにあります。このホテルの周りにはたくさんの飲食店があり、フードコートもいくつかあります。グルメ通りと呼ばれるくらいなので、食べることに困ることはありません。

ここから異国情緒の漂うエリアとして有名で観光地としても人気のアラブストリートのあるエリアのブギス(Bugis)や、同じく観光エリアのリトルインディア(Little India)まで徒歩10分程で行くことができます。ホテルの近辺はチャイナ系なのですが、アラブ系とインド系も混ざりいろんな人種が行き交うちょっと面白いエリアでした。

ホテル内の様子

これは荷物が多い(大きい・重い)とかなりきついポイントですがエレベーターがありません。まず、ホテルのフロントに行くにも階段があり、傾斜はそこそこあります。当然安宿ですので、荷物は自分で運ばなくてはなりません。

部屋に行くのも階段です。ホテル自体は4階まであるので、最上階ならなおさら大変。今回予約していた女性専用ルームは中2階にありました。最上階にはテラスがあるようでしたが、この階段がけっこうきつくて滞在中行くことはありませんでした。

部屋の様子

central65hostel
これはよくあることですが、ネットで見た写真よりかなり老朽化している…。しかし、シンガポールの物価を考えたら全然許容範囲です。
central65hostel
寝具は清潔でしたが、たまたま割り当てられたベッドスペースの電気が壊れていたのと、天井には雫(湿気のせい)があり、変えてもらいたかったのですがこの日は満室で変更できず、翌日変更してもらいました。ここはマイナスポイントです。
※画像は正常のベッドの様子です。

カプセル内情報
空間サイズ:横119×縦219×高さ143cm
マットレスサイズ:幅81.5×長さ186×厚さ9cm
枕側の壁にセキュリティボックスとベッド下に荷物を入れるスペース有。
※荷物はスーツケースだと機内持ち込みサイズくらいしか入りません。
足元に1つ蛍光灯とセキュリティボックス内に1口コンセントがあります。
コンセントは日本規格は使用不可ですので、変換プラグが必要です。

変換プラグですが、私が持っているのはこのタイプなんですが

旅グッズって日々進化しているので、次回の旅ではこれに買い替えようかなと検討中です。

USBポートも付いているので、各機器のアダプターを持っていかなくて済みそうです。

お部屋情報に戻ります。wifiは無料ですが、部屋の中でのwifi環境は悪いです。あまりに速度が遅いので、wifiは使わずに購入したSIMで接続していました。フロントの隣にある共用スペースはwifi環境が良く、いつもここには人がたくさんいました。きっとどの部屋もwifi環境が良くなかったのかもしれません。

▼シンガポールのSIMについて書いた記事です。

シンガポールチャンギ国際空港に到着。まずはSIMカードを購入しました。シンガポール空港は両替カウンターでSIMが購入できるため、レートの悪い...

シャワーチェック

シャワーは温度も水圧も快適でした。
アメニティーは一切なく、タオルはフロントでレンタル(S$1)していました。洗面スペースには備え付けのドライヤーが1つ。そこそこ広いスペースでしたが、長期の方の私物や洗濯物が全開で干してあり画像はありません…。トイレは日本同様トイレットペーパーを水で流せました。(アジアでは水で流せる地域は限られています。お隣韓国も備え付けのごみ箱に捨てるスタイルです。)

共用スペース

central65hostel
フロントの隣に共有スペースがあります。
central65hostel
フロントは24時間ではありませんが、共用スペースは24時間利用ができ、水とコーヒー、紅茶は飲み放題です。朝は無料でトーストも食べることができます。
central65hostel
テラスもあります。夜はここでお酒を飲んでいる方結構いました。(私を含め 笑)

チェックイン・チェックアウト

フロントが24時間ではないので、遅くにチェックインされる場合は要事前連絡です。チェックアウトも同様。チェックイン時に部屋の鍵のデポジットとしてS$10支払います。チェックアウト時に鍵を返す際に戻ってくるのですが、スタッフがいない時間のチェックアウトの場合は事前に言っておくと、その場でデポジットの返却と、鍵の返却場所(指定のポストに入れるだけ)を教えてくれます。

まとめ

このホテルは「寝るだけ」の人向けです。新しい建物ではありませんし、カプセルホテルです。観光メインでホテルにはほとんど居ないという方でしたら立地も良いですし、シンガポールの中では安いと思いますので利用価値はあると思います。ちょっと辛口で書いた部分はありますが、またシンガポールに来ることがあれば利用したいと思っています。

セントラル 65 ホステル

住所:134 Jalan Besar, シンガポール 208852
電話:+65 6298 0015

最近ホテル名が変わって「RedDoorz Hostel @ Jalan Besar 」になったようです。おそらく名前だけで内部は変わっていないと思います…。
スポンサーリンク
レスポンシブ大広告
レスポンシブ大広告

SHARE

FOLLOW 

トップへ戻る