草津三湯めぐりはちょいな三湯めぐり手形がお得!全部巡って完湯認定書をゲットしよう

草津に来たらやっぱりメインは温泉です。宿の温泉も良いですが、せっかく草津に来たのだから観光しながら湯巡りは必須かと。そこでお得に湯巡りできるのがちょいな三湯めぐり手形です。

ちょいな三湯めぐり手形

    草津温泉にある温泉施設3ヶ所をめぐれるお得な入浴チケット

  • 御座之湯
  • 大滝乃湯
  • 西の河原露天風呂

の三湯を通常価格大人¥2,380が¥1,800(子ども¥1,150が¥800)で入浴できます。

チケットはこの三湯で購入可能、有効期限はないので何度も草津に行ける方なら1ヶ所をゆっくり楽しめますね。

キュートラは何度も来られる環境ではないため一気に三湯制覇してきました。

西の河原露天風呂

まず最初に向かったのは中心の湯畑から一番遠い西の河原露天風呂です。

と言っても徒歩で行ける距離です。湯畑から歩いて5〜6分歩くとこの入り口に辿り着きます。

源泉が流れるこの西の河原公園を進むと入り口です。この公園は中を歩けますし、流れる源泉も触れます。ものすごく熱い湯が出ているところもありますのでご注意を。

入り口に到着しました。湯畑から歩いて15分くらいでした。この先は撮影禁止ですのでサイトでご覧ください。

ものすごく広く開放的な露天風呂です。もちろん源泉掛け流し!草津に来たらここはマストな温泉だと思います。ちなみに貴重品を入れるロッカーは有料です。洗い場もありません。

大滝乃湯

西の河原露天風呂の温泉を満喫した後は前回書きました最終目的地の草津温泉に到着!王道観光スポットと新名所をザクッと回るでの様子です。湯もみショーを見たりして小休憩した後は裏草津方面の大滝乃湯へ向かいました。

大滝乃湯は三湯めぐりした中で一番スーパー銭湯に近い設備でした。サウナもあり洗い場も広くシャンプーや洗顔も設置、内湯と露天もありました。

ここの名物はなんといっても「合わせ湯」。大滝の湯は5つの温度の湯船があるそうなのですが、合わせ湯の一番奥(源泉が出ているところ)はなんと46℃!一番手前の湯船から徐々に体を慣らし奥に進むのですが、一番奥は熱すぎて足先だけで無理でした(笑)

大滝乃湯に来たら合わせ湯の熱湯風呂にぜひチャレンジしてみてくださいね。

御座之湯

最後に向かったのは湯畑の前にある御座之湯です。さすがに日も暮れてきました(笑)

大きな木造建築が特徴の御座之湯は残念ながら外観を工事中で全貌を見ることができませんでした。御座之湯は江戸〜明治時代に湯畑にあった共同浴場で、それを再び再建したのが現在の状態です。

ここの温泉の特徴は湯畑源泉と万代源泉の2つの源泉が一気に楽しめるところです。隣り合わせにある2つの源泉を行ったり来たりするとお湯の違いを肌で感じることができると思います。

一気に三湯をめぐりコンプリート。

御座之湯で完湯認定書をゲットしました(笑)旅の記念にぜひ。

湯巡りと観光を満喫したので朝に荷物だけ預けた本日のお宿にチェックイン。

ライトアップされた湯畑を見て宿へ。

湯畑の宿 佳乃や

本日のお宿、佳乃やさんは湯畑から3分ほど。バスターミナルに向かう急な坂道の途中にあります。

入り口には注意書きと看板が

燕の巣がありました。守られているこの子たち幸せですね。ちょっとほっこりします。

中は落ち着いていてゆったりとした空間が広がっています。佳乃やさんは素泊まりで草津の中ではリーズナブルでキレイ。立地も良いですしリピートされている方も多い宿です。

遊び疲れていてすっかり部屋の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、清潔で広さもちょうど良い和風モダンなお部屋でした。

ちなみに素泊まりなのですが無料で朝食のサービスがあります。

これも嬉しいポイントですね。

あっという間の群馬温泉めぐり(みなかみ・伊香保・草津)でしたが3ヶ所とも違った温泉で楽しかった!

草津温泉物語ビールを飲んで就寝。翌日はバスで東京へ移動します。まだまだ旅は続く…次回はその様子です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »