台湾のカッパドキア野柳地質公園に行く

野柳地質公園

台北からバスで1時間半ほどの距離にある野柳地質公園。海と風との自然が作り上げた奇岩が連なる場所で、台湾のカッパドキアと呼ばれています。

ずーっと行きたいと思っていたのですがついつい後回しに…。今回は令和最初の旅で平成にやり残した事を叶えるために行ってきました。

野柳地質公園へのアクセス

ルートはいくつかあります。

  • ツアーで行く
  • タクシーの貸切で行く
  • 電車とタクシーもしくは電車とバス
  • バスのみ

ツアーが一番楽ですが、往復の送迎と夜市への寄り道くらいがコースの内容で、1人約¥12000~が相場です。

キュートラ1号
ツアーは飛行機代より高くなっちゃう

ダントツに安いのはバス移動。私たちはもちろんバスだけで行くルートにしました。

バス移動も2パターンあります

  • 台北駅から乗り換えなし
  • MRT淡水駅からバス
  • 台北駅から乗り換えなしの場合は所用時間約1時間30分。

    MRT淡水駅からバスの場合もバスの所要時間はほぼ同じですが、淡水駅まで行かなくてはいけない分、時間がかかります。

    台北駅から淡水までは約55分かかりますが、淡水ルートにはメリットがあります。野柳まで海岸線を走るので海を眺めながら行くことができるんです。

    海を見ながら行きたいところですが、淡水まで行くのにも時間がかかるので、私たちは台北駅から乗車しました。

    台北駅から乗る場合

    台北車站東三門バスターミナルから國光客運というバスに乗ります。台北車站東三門は桃園国際空港と結ぶバスターミナルです。

    この周辺にいくつかバスターミナルがあるので、迷ったら空港行きのバスターミナルを聞けばスムーズに見つかると思います。

    野柳行きは國光客運の1815番のバスです。料金は96TWD(約¥330)。現金ですとおつりが出ないので両替しておくか、EasyCard(台湾のICカード)を持っていましたらチャージしておきましょう。

    野柳地質公園

    台北市内を抜けるまでは比較的ゆっくり走行でしたが、郊外に抜けると、ものすごいスピードを出しはじめるドライバー。

    他社のバスをあおり、次々と前の車を追い越していくバス…1時間ちょっとで着いちゃいました。(笑)

    野柳地質公園

    コンビニで買ったかわいいボトルのお茶。喉が乾いていたのですが、激しい運転と振動でとても飲める状況ではありませんでした…。

    野柳地質公園

    目的地のバス停に到着。

    野柳地質公園

    バス停から野柳地質公園までは、この緑のラインに沿って歩けば辿り着きますので、迷うことはないでしょう。

    野柳港

    野柳港

    野柳港

    どうやら名物はカニでしょうか。

    野柳港

    野柳地質公園

    野柳地質公園

    野柳のまちを感じながら歩くと楽しいです。

    野柳地質公園

    台湾は猫が多いんですけれど、警戒心がないのでその辺で無防備で昼寝をしています。平和な証拠ですね。

    景色を見ながら歩くこと10分ほど

    野柳地質公園の入り口に到着

    野柳地質公園

    野柳地質公園

    ここでチケットを購入します。

    野柳地質公園

    チケットは1人80TWD(約¥300弱)※2019年6月時点での料金です。

    野柳地質公園

    エントランスは普通の公園

    野柳地質公園

    途中、野柳地質公園で一番有名な岩「クイーンズヘッド」のレプリカがあります。

    いつ折れてもおかしくない形状のこの岩。本物が見られなくなる日は近いと言われています。

    野柳地質公園

    緑がいっぱいの公園を抜けるとそこは海と奇岩の世界。

    野柳地質公園

    こんな風にぽこぽことおもしろい岩が点在。遠くからではなく、間近で見ることができ、触れるのがすごい。

    海側に赤い線が引かれている箇所があるのですが、向こうは危ないから行かないように!という警告線です。きっと日本なら奇岩のずっと手前に柵を付けて、立ち入り禁止にするでしょうね。

    野柳地質公園

    野柳地質公園

    野柳地質公園

    各エリアには係員さんがいまして、線を越えようとする人には笛を吹いて注意してました。

    ちょうど雨季真っ最中。いつスコールが来てもおかしくないような雲行きの中、こちらも見たかった岩。

    野柳地質公園

    Japanese GEISYA(芸者)という岩です。

    何故に芸者?リアルな芸者さんというより、外国人が描く芸者さんの髪型っぽい。スターウォーズのアミダラとゴーストインザシェルのポスター思い出しちゃった。一瞬人が居なくなりシャッターチャンス!人を入れないで撮るのが難しいです….。

    野柳地質公園

    どこもかしこも人がいっぱいで、誰もいない状態で岩を撮るのはとーっても難しいです。一瞬の隙を狙ってもこんな感じ….。

    その中でも一番人気、クイーンズヘッドは写真を撮るのに並ぶのです。遠目から見てもすでに並んでいて、人もいっぱいでした。

    その時です!すっごいスコールで、一気に人がいなくなりました。

    キュートラ1号
    もしかしてシャッターチャンス?

    本当は青空バックで撮りたかったスポットですが、あいにく雨季だし空はグレー。

    撮るなら今しかない!と、駆け足でクイーンズヘッドへ。

    野柳地質公園

    大きな雨粒が入ってしまいますが、無事人の居ないクイーンズヘッドを撮影することができたのでした。

    キュートラ1号
    青空じゃないけどこれはこれで良かった

    この後も一瞬止むものの、スコールは繰り返し、足場も滑るし危ないので、奥の奇岩を見るのは断念。

    野柳地質公園

    野柳地質公園

    野柳の市場をふらふらしたりして終了となりました。市場は珍味などの海産物が多かったです。観光地なので、お値段もそこそこします。

    時間もあるし、このまま台北に戻るのはもったいない!となりまして、千と千尋の神隠しのモデルと有名な九份(ジョウフン)へ行くことに。

    ※ジブリは九份をモデルにしていないとコメントを出しています。ですので、「千と千尋の神隠しのような世界観を味わえる場所」と認識しておいた方が良いでしょう。

    これが結果なかなか良いと気づき、野柳と九份は一気に回れるおススメしたいルートだと思いました。

    次回はおススメ移動コースとして野柳から九份、そして台北の移動についてを書きたいと思います。

    by
    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    Translate »