台湾式居酒屋の熱炒(ルーチャオ)に行く

熱炒

久しぶりの台北旅、初日の夕食。夜市は前にも行ったし、違うところに行ってみたいな〜と思っていたところ、台湾式の居酒屋が今熱い!と聞きまして行ってみました。

熱炒(ルーチャオ)激戦区へ

MRT中山駅もしくは松江南京駅から徒歩10分ほどの場所の長安東路。ここは熱炒通りと呼ばれるそうで、熱炒激戦区なんですって。

駅からそこそこ歩きますので、「歩くの嫌!」って方は台北駅からもタクシーであれば近いです。

私たちはMRTで松江南京駅まで行き、散歩がてら歩いて行きました。

台北101

途中遠くに見えた台北101。

空港でゲットしたSIMで通信も無制限!データを気にせずにナビもガンガン使えます。しかし…途中でナビが方向転換し、本来10分ほどで着く予定だったのに15分くらいかかっちゃいましたけどね…。

美味しく食べるための準備運動…ということにしておきましょう。

熱炒

なにはともあれ見えてきた熱炒通り。

熱炒

赤提灯が見えたら、目的地の「33區熱炒生猛海鮮」に到着!

熱炒

ロールカーテンの隙間が入り口のようでした。

熱炒の利用方法

① まずは店員さんが席に案内してくれます。席に着いたらグラスと栓抜き、お箸、皿とメニュー表にオーダー表が渡されます。メニュー表は所々微妙な日本語でしたが、ほぼ理解できるでしょう。

② オーダー表に記入したら店員さんに渡します。

このお店はセルフでご飯(お米)は食べ放題らしく、大きな炊飯器が数個置かれていました。

④ 飲み物はショーケースに入ってまして、セルフで好きな銘柄を出し、自分で注ぐスタイル。

⑤ お会計は席で店員さんを呼んでお支払い。

という流れです。

熱炒

さてさて、まずは台湾ビールで乾杯といきましょう。

この時にオーダーしたのは

  • 空芯菜の炒め物
  • さつまいもの葉っぱの炒め物
  • 牛とたけのこの炒め物
  • あさりとヘチマのスープ
  • 蟹豆腐

の5品。

熱炒

これがですねぇ…誤算でした。ついつい日本の感覚でオーダーしちゃいましたが、1皿がデカイんですよ…。明らかに3〜4人前はある量を2人で注文しちゃった…。

いつも完食をモットーにしている私もさすがにこの量は無理でした。

おススメは

熱炒

さつまいもの葉っぱ。
ほんのり甘くてシャキシャキ食感がたまりません。

熱炒

あさりとへちまのスープ。
優しい味わいのスープは生姜も入って体に染み渡るお味。飲んだ後には最高でしょうね。(笑)

完食できなかったのが残念でしたが、どれもご飯にもお酒にも合い、ハズレがなく美味しかったです。

今度来るときは、食べられる量を注文します!33區熱炒生猛海鮮さん、ごちそうさまでした!

33區熱炒生猛海鮮

熱炒

※食べログの備考に「日本語不可。日本語メニューなし。英語出来るスタッフもいない様子。」と書かれていますが、現在は日本語のメニューがあり、日本語はできませんが、英語の通じるスタッフと、スマホで翻訳しながらコミュニケーションをはかってくれるスタッフばかりですので、特に困ることはないと思います。

スーパー発見

来た道を戻る途中、行きでは気づかなかったスーパーを発見しました。

台北スーパー

スーパーでお土産を買う方も多いと思うのですが、私もその1人。スーパーの2階はしまむらでした。(入りませんでしたが。)

台北スーパー

スーパーの入り口に飼い主さんを待つワンコがいましたが、リードもつけてないしお利口さんです。

目的のおみやげをゲットし台北駅へ戻りました。

台北駅

夜の台北駅はライトアップされ、中華圏に来たんだなとあらためて実感。台湾の夜は蒸し暑く、さっき飲んだビールももう汗となって消えています。(笑)

とりあえずシャワーでさっぱりし、寝酒を買いにコンビニへ。

台湾コンビニ

台湾のコンビニってお茶やコーヒーのボトルがかわいいんですよね。

台湾コンビニ

買いませんでしたが、アスパラジュースもありました。どんな味なのでしょうか?

台北初日の締めはやっぱりビール!ということで、限定の台湾ビールで再び乾杯!

台湾ビール

翌日は、今回の旅の目的である「台湾のカッパドキア」に行くために早々に就寝したのでした。

ということで、次回は台湾のカッパドキア編です!

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »