京都へ行く途中に串カツの聖地と言われる新世界に寄り道してみました

大阪新世界

このご時世に旅の話は如何なものか…と思いかなり寝かせていた話ですが、また気軽に旅に出られる日も近いはず!(願望)と書いておくことにしました。なので内容はちょい古めですがご了承ください(笑)

まだGotoトラベルをやっていた秋、ミャンマー以来飛行機にも乗っていなかったのもあり

キュートラ1号
飛行機乗りたい…

乗りヒコのワタクシ。衝動を抑えきれずポチッてしまったのがこれから紅葉シーズンを迎える京都。コロナで激減した観光客を取り戻すためだと思われる格安プランは、なんと往復の飛行機とホテル3泊で3万円代でした。

キュートラ1号
しかもLCCじゃない!

最初はANAで申し込んだのですが、コロナで減便になってしまい、JALに変更。

いや〜やっぱり飛行機はいいですな。天気も良いし最高です。

早朝の便だったので、9時には大阪伊丹空に港着しました。伊丹空港からは1時間弱ほどで京都に着くシャトルバスがありましたが、時間も早いしせっかくなので大阪で粉物を堪能してから京都へ移動することにしました。

新世界へ

大阪は何度か行ったことがあるのですが、新世界は行ったことがなかったんですよね。今更ながらの初通天閣です。

荷物を持ったまま動きたくないのでシャトルバスで新大阪駅へ向かい、コインロッカーに荷物を預けたら御堂筋線に乗って新世界のある動物園前駅へ。

駅を出るとすぐに大型のパチンコ店があり、タバコ臭がプンプンしました。ここを通過したら新世界です。

昭和感が満載。射的や

スマートボールの遊技場も。

サンパツ¥700!安い!干してあるタオルさえ看板のよう。

ビリケンさんも大阪らしい柄のマスクをしっかり着用しておりました(笑)

こてこて号というバス乗り場発見。エースJTBを利用して来たらバス乗り放題みたいです。

大阪新世界

見えて来ました大阪のシンボル通天閣。時間の都合上通天閣には上りませんでしたが見ただけでも十分です。

通天閣の裏手には地元民が通っていると思われる銭湯がありました。地元ならではの銭湯にもいつか入ってみたいな。

立体看板が楽しい

大阪って立体看板が多いと思いません?新世界もあちこちにどデカイ派手な看板がたくさん。ほんの一部ですが以下。

新世界といえば串カツの聖地と呼ばれているので、かなりの数の串カツ屋さんが並びます。

ここは串カツの有名店てんぐ。昼前に到着したのですがすでに満員でした。

くら寿司の看板はくるくる回っています。

たこ焼きと串カツのお店なのでたこがしっかり串カツを持っています。ここも混んでたなぁ。

おなじみ王将も立体看板。

他にも動いている看板もたくさんあり、もはやアート。これを見て歩くだけでも楽しいと思います。

とはいえ、やっぱり食い道楽の大阪。せっかく来たのだから聖地で串カツを食べずには帰れません。

新世界の串カツといえばココ!と言われる有名店「八重勝」さんは超満員な上に長蛇の列。この頃はコロナが落ち着いていた時期ではありましたが、並ぶのも密集したお店に入るのも気が進まなかったので、本場ならどこで食べても間違い無いだろう!と、ソーシャルディスタンスが保たれていそうなお店に入ることにしました。

大西屋 じゃんじゃん横丁店

この日は定休日のお店が多かったのもあり、じゃんじゃん横丁は比較的人が少なめでした。お店をのぞいて見ると奥のお座敷席には人がたくさんいましたが、入口付近のカウンター席にはまだ誰もいなかったので大西屋さんで串カツを食べることにしました。

11:30頃に入店したのでソーシャルディスタンスもバッチリ。帰り際には人がいっぱいになったので時間的にもちょうど良かったです。午前中ではありますがやっぱり串カツ&ビールをオーダー。

さっそく揚げたてのサックサクをいただきます。時期が時期だけに、二度付け厳禁のソースは上からかけて食べるシステムに変わっていました。

キュートラ1号
やっぱり本場で食べるのはウマイ!

美味しくて再オーダー。もっと食べたかったのですが、この後道頓堀でも食べる予定だったのでこれで我慢しておきました。

キュートラ1号
大西屋さんごちそうさまでした!

新世界を後にして道頓堀へ。ここでは明石焼きを食べたのでした。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »