福岡旅2日目はレンタカーで糸島へ フォトスポットと期間限定牡蠣小屋へ行く

福岡2日目。昨日はザックリながらも福岡市内を散策しご当地グルメを堪能しましたが、本日もグルメを求めて福岡市のお隣の糸島へ行ってみることにしました。糸島と言えばおしゃれなカフェや映えるフォトスポットがたくさんあることで有名。

キュートラ1号
ですが…

今回はおしゃれなカフェには行かず、期間限定の牡蠣小屋が目的です。糸島へは電車で行くこともでき、本数は少ないものの主要スポットへはバスもありますし、レンタサイクルもありますが、やはり1番のオススメはレンタカーです。糸島市内にもレンタカー屋さんがありますが、福岡〜糸島間の電車料金を考えると福岡から借りて行った方が時短で料金も安く済むと思います。

まずは出発前にモーニングと行きましょう。今回行ったのはこちらです。

APETITO CAFE(アペティートカフェ) メトロ店

天神地下街(通称てんちか)にあるAPETITO CAFE(アペティートカフェ) メトロ店です。福岡市営地下鉄空港線天神駅の改札から近く、朝7:00からオープンしています。レンタカーの予約が8:00からだったのでオープン時間に行きましたが、すでにたくさんのお客さんが入っていました。

時間もないのでサクッとモーニングセットをいただきます。ここのモーニングは豪華なものから軽めのものまで種類が豊富でした。

今回チョイスしたのはベーコンエッグトースト。パンがくり抜かれた中に入っていておしゃれ。ですが、ちょっと底が焼けすぎていて食べにくかったな(笑)

レンタカーを借りるならここがオススメ

今回はレンタカーの比較・予約サイトの「たびらい」から予約しました。
ここのメリットは

  • 日本全国の大手レンタカー会社のレンタカーを一括検索できる
  • カーナビや基本の免責補償が料金に含まれている
  • 使用したい前日に予約が可能
  • ※北海道・福岡・沖縄は当日でも可能。その他は前日の午前中まで

平日でしたが、レンタカー予約の人が多く並んでいたので説明を受けすぐ出発。ここからはずっと運転だったので途中経過の写真はありません。

天神北から高速に乗り福岡タワーや福岡PayPayドームを通過しひたすら走ること40分ほどで前原ICに到着しました。

ポイント
糸島のフォトスポットとカフェ巡りのみなら今宿ICで降りた方がアクセスも良く料金も少し安いです。

県指定の名勝 白糸の滝

せっかくなので白糸の滝まで足を伸ばすことにしました。北海道では走ることのない細い道ばかり。速度制限も30キロが多かったので、のんびりゆっくり走ります。周りは農地や長閑な集落でのんびりしていましたが、白糸の滝のある山に入って行くと急勾配だったり急カーブだったりとなかなかハード…。

キュートラ1号
到着!

慣れない道を走行して来たので、かなり疲れました…。マイナスイオンをたっぷり吸って休憩。11月初旬だったのもあり紅葉もこれからの感じでした。滝周辺ではレンタル釣り具でヤマメ釣りができ、釣ったヤマメは1匹¥100で焼いたものと交換できるそうです。

マイナスイオンを満喫したところで、登って来た怖い道を今度は下ります。10キロくらいしか出せなくらい怖い急カーブが続きヒヤヒヤしましたが、後ろに車がいなくて良かった…。やっと走りやすい道路に抜けたところで白糸の森の見晴らしの良いスポットがあり途中下車しました。

牡蠣小屋が目的だったので寄りませんでしたが、ここの近くに自社農園で作られた無農薬野菜を使った天ぷらうどんが有名なお店「白糸うどん やすじ」があります。

期間限定 糸島の牡蠣小屋

白糸の滝の後はお腹もすいてきたので糸島の牡蠣小屋へ向かいました。

糸島の牡蠣小屋はこの4つの漁港にあるのですが

  • 福吉漁港
  • 加布里漁港
  • 船越漁港
  • 岐志漁港

今回は岐志漁港に行きました。ズラッと並ぶ牡蠣小屋の中で入ったお店がこちら

大黒丸さんです。

こちらのお店はソーシャルディスタンスを守るため、注文はLINEでするシステムになっていましたが、キュートラのスマホの不具合で使えませんでした。時々あるようなので、そんな時は店員さんを呼びましょう(笑)

牡蠣、ハマグリ、サザエ

そして糸島で獲れるヤリイカ、ウニのミニ丼

ハマグリはこうやって食べたのが初めて。ウマイ!サザエも間違いなしで、牡蠣は抜群にウマイ!ちょっとびっくりだったのがウニ。今まで食べたことのない食感で、うまく説明できませんがねっとりモッチリ系でした。味も北海道で食べるウニとは違い、産地でこんなに違うんだな〜と思いました。リーズナブルなので食べてみる価値ありですよ!

ただひとつ残念なのは

キュートラ1号
運転するから飲めないのよねぇ

そう。今回は運転手だったのでこんな豪華な食事にビールが飲めないのが非常に、非常に残念でした。牡蠣小屋目的だけで来るのなら駅から近い漁港もあるので、飲めますよ(笑)

キュートラ1号
大黒丸さんごちそうさまでした!

お腹も満たしたところで次に向かったのは、

芥屋の大門(けやのおおと)

岐志漁港から約20分。糸島半島の北西にある大門岬にできた浸食洞が4月~11月の期間限定で遊覧船から見ることができます。波が高いと中止になることもあるようですが、今回は運行中とのことで遊覧船のチケットを購入し、乗船まで40分以上時間があったのでここから車で数分のところにある「糸島のトトロの森」と呼ばれているスポットへ行ってみました。

展望台に向かう道のようなのですが、確かにトトロに出てきそうな場所でした。時間がないので登りませんでしたが、降りて来た方の話によるとちょっとした軽登山だった!と言っていました(笑)

のんびりしてたらあっという間に時刻になり慌てて戻ると、遊覧船はすでに乗客が乗り込んでいてこちらも慌てて乗船(笑)海はちょっと荒れて来たということで、今回は浸食洞の手前までとの事でした。穏やかな時であれば中に入ることができるそうです。

港から見た海とは違い結構大揺れ。芥屋の大門の前で止まり撮影タイムです。立っているのもやっとでしたが頑張って撮りました(笑)中に入ってみたかったですね。本当に残念。

気を取り直して次に向かいましょう。

桜井二見ヶ浦の夫婦岩

糸島といえばココ!という観光スポットです。大小の岩にしめ縄が結ばれている縁結びの地として有名。岩の近くまで行くとやはり撮影会をしているカップルが多かったです。次から次と人が来るので、誰も入らずに撮るのは早朝くらいかもしれませんね。夕日も綺麗なスポットなのですが、途中から曇って来たのもあり夕日は望めないだろうと判断し後にしました。

インスタ映えスポット#ジハングン

次に向かったのは駐車場内にインスタ映えするオブジェが点在する#ジハングンというアートスポット。

数日前に吉田沙保里さんがここで撮影した写真をインスタにあげて話題になっていました。どんなところなのかな〜と立ち寄ってみました。たくさんのカップルたちがここで記念撮影。ウエディングドレス姿の人が撮影していたりと完全に場違いなキュートラ。色々映えるスポットがありましたが、どこも人だかりです。

本当にどこでもドアがあったらいいのに…扉の向こうに見えるのは玄界灘です(笑)

キッチンカーは本日お休みでしたが、これもアートのように見えますね。

当初の予定では他にもある映えスポットを巡ってみようと思っていたのですが…。

キュートラ1号
飽きちゃった…

ということで、海沿いをドライブしながら福岡に戻りました。いつもの食べ歩き旅は飲んで食べてだったので、飲めないのがこんなに辛いなんて思いませんでしたね(笑)もう喉の乾きも限界です!!
レンタカーを返し、急いでホテルへ戻り不要な荷物を置いたら夕食にGOです。

元祖もつ鍋楽天地

もつ鍋はここで食べたい!と事前リサーチしていたお店の元祖もつ鍋楽天地。中に入るとすでに人がいっぱいでした。ここのもつ鍋はニラがどっさり入っているのが特徴らしく、気になっていたんですよね。大抵2人前以上〜の注文という条件のお店が多い中、1人前からでも頼めるとのことで、まずは1人前をオーダー。食べたい具材を別注文して足していくことにしました。

1人前ですがニラどっさりです。

もつ鍋ができるまでにジョッキ2杯飲んじゃったのはここだけの話…

しょうゆベースのスープに1人前とは思えない量のモツとニラ。やっぱり本場で食べるもつ鍋は違いますね。野菜と豆腐も追加しましたが、ビールもすすむしあっという間に完食しちゃいました(笑)コロナが落ち着いてきた時期といえ長居は無用です。とても美味しかったので、常温で持ち歩けるお土産用のもつ鍋も購入。本当に美味しかった!

キュートラ1号
楽天地さんごちそうさまでした!

大満足でホテルへ戻り、荷物を整理してたら…

キュートラ1号
あ..忘れてた…

レンタカーを返した後、福岡で安くて美味しいと評判のひょうたん寿司でテイクアウトしていたのを忘れていました。ひょうたん寿司は回転すしと回転しないお寿司の2店舗があり、地元でとても人気のお寿司屋さんです。メディアにもよく出ているみたいです。今回は昼にウニ丼を食べたのと、翌日は営業時間がスケジュール的に合わなかったのもあり、気になるお寿司をテイクアウトしたのでした。

なかなか食べる機会がないのでチョイスしたのはフグの握り。散々食べて来たのに寝酒のおつまみとしてしっかりいただきました(笑)

こうして2日目も終わり、美味しいものを食べて大満足の1日でした。明日は最終日。フライト時間まで楽しみます!

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »