新潟から群馬みなかみへ テルマエロマエIIのロケ地になった宝川でベストリバーサイド温泉を満喫

小樽から新日本海フェリーらべんだあ号に乗り新潟へやってきました。当初の計画では草津温泉のみに行くはずでしたが、往復同じルートはつまらないのでルートを調べているうちに、みなかみ温泉に寄れることを知ったのです。

みなかみ温泉には行ってみたかったテルマエロマエIIのロケ地になった宝川温泉がある…。

キュートラ1号
じゃ寄っちゃおう!

となったわけです。

新潟駅へ

9:15定刻通りに新潟港へ到着しました。フェリーターミナルを出てすぐ左にバス停があります。今度はバスで新潟駅へ。

このバスはICカードが使えました。

少し渋滞していたのもあり、20分ほどで新潟駅に到着しました。新潟駅は新しくなっていて、現在もあちこちで工事中。バス停から駅が見えるものの、どこから行くのかわかりません。

ちょっと複雑な作りをしているので慣れていない人にはちょっと難しかったですが、きっとこんな人が多いのか、駅弁売り場の方やお店の方たちが「どこに向かってますか?」と声をかけてくれたり優しい人達ばかりでした。

1時間ほどしか時間がありませんでしたが朝食を。最初は新潟名物の「へぎそば」を食べようかと思っていたのですが、新潟といえば米どころです。新鮮な魚介もあるので、へぎそばは駅構内にあった長岡小嶋屋 CoCoLo新潟店さんでお土産蕎麦を購入し、同じく駅構内にある健康寿司 海鮮家さんに入りました。

時間がなかったものでお店の外観やら撮るの忘れちゃいましたが、目の前で職人さんが握ってくれるお寿司はどれもめちゃくちゃ美味しかったです。

キュートラ1号
健康寿司 海鮮家さん ごちそうさまでした!

新潟から新幹線で上毛高原(じょうもうこうげん)へ

新潟から上越新幹線ときに乗り上毛高原へ。上毛高原まで本日泊まる宝川温泉の送迎バスが来てくれるからです。※事前予約必要

新幹線のチケットは当日買う時間が無いので事前に購入していました。ネットでも購入できますし、全国のJRの窓口でも購入可能です。

始発なので自由席でも余裕で座れましたが、発車ギリギリですと相席になる確率大です。少し早めに乗ったので席は確保できました。札幌には新幹線がまた通っていないので馴染みはありませんが、座席が広くて快適です。

1時間ほどで上毛高原駅に到着。駅の外観を撮っていた所、すでに送迎バスが到着していました。

全員揃ったので予定より早く出発しました。山間のお宿なので道は狭く山を登ったり下ったり急カーブも続きます。

車酔いする方は酔い止めを飲んだ方が良いかもしれません…。

宝川温泉 汪泉閣(おうせんかく)

バスに揺られて40分ほどで到着しました。テルマエロマエIIのロケ地にもなった宝川温泉 汪泉閣さんです。

事前にテルマエロマエIIを見てから行くとより一層楽しめると思います!

99周年を迎えたという汪泉閣。※2022年時点

古き良き建物と増設した建物の通路が複雑。館内の説明を受けながら案内してくれましたが迷路のようです。何度か迷いました(笑)

建物は古いですが清潔で気持ち良い。

部屋は10畳だったはずなのですがもっと広い?写っていないところにも部屋がありその広さにびっくりしました。

心地よい川の音が聞こえてきます。

部屋から見える宝川は透明ですごく綺麗。

キュートラ1号
早速露天風呂へ向かいましょう!

この宝川温泉は、世界一シェアの旅行ガイドブック『ロンリープラネット(Lonely Planet)』が選ぶ「日本の温泉トップ10」のベストリバーサイド温泉に選ばれたため外国人にも人気の温泉なのです。

宝川温泉の露天風呂は実は混浴。

全員湯浴みを着用となっていますので、外国人にも受け入れられやすかったのも人気理由の1つではないかと思います。宿のあちこちに外国語表記があるのですが、ROTENーBUROが英語なのかは不明です(笑)

宿から露天風呂は少し歩きますが、迷うことはないでしょう。

露天風呂に向かう途中には「なぜここに?」と思ってしまう謎のオブジェがたくさんあります。それを見ながら行くのも結構楽しいですのでおすすめですよ。

ここが露天風呂の入り口です。ここから先は撮影禁止。露天風呂は4つあります。

混浴

  • 摩訶(まか)の湯
  • 般若(はんにゃ)の湯
  • 子宝(こだから)の湯

女性専用

子摩耶(まや)の湯 ※こちらのみ湯浴みを着なくても入浴可能です。

撮影禁止なので公式サイトの「写真お貸しします」から子宝の湯の様子です。

川を眺め音を聴きながら入るお風呂は最高です。ぬるめなのでいつまでも入っていられそうです。本を読みながら入浴している方もいましたね。

豪華な食事とおもてなしが最高

温泉を満喫した後は夕食です。プランによって食事のグレードも違い、リーズナブルなプランにしていたのでバイキングだと思っていたら…

コロナの影響なのか、夕食がグレードアップされており半個室でコース料理をいただくことに。

1名肉がダメなのでバイキングなら選べると思っていた…と伝えると快く一部変更してくれました。この他にもヤマメの唐揚げやお椀、デザートもありお腹いっぱいです。

翌日の朝食もバイキングではなく超豪華仕様。前日のこともあり1名分はお肉なしで用意されていました。急な申し出にも関わらず対応してくれました、おかみさん、料理長さん本当にありがとうございました!

スタッフの皆さんとても親切で、とっても気持ちよく過ごさせていただきました。本当に素敵なお宿とお風呂だったのでまた違う季節の時に来てみたいです。

キュートラ1号
汪泉閣のスタッフの皆さんありがとうございました!

翌日は目的地草津温泉へ…のはずでしたがまたもや寄り道するのでした。

次回につづく。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »