築地観光にも便利で立地抜群!はとバス直営銀座キャピタルホテルに宿泊し築地グルメ

急いで周った草津温泉でした。次回来ることがあったら草津は2日は欲しいな…と思います。

名残惜しいですが草津を後にし、帰りは成田空港から飛行機に乗るため東京へ。草津湯めぐり号というバスに乗り終点のバスタ新宿へ向けて出発しました。乗り換えなしで安いのが魅力の湯めぐり号は人気なので事前にネットで購入がオススメです。

草津温泉バスターミナルからバスタ新宿までは約4時間。途中上里インターで20分の休憩がありました。

湯めぐり号にはトイレがあるので心配ありません。バス内は飲食禁止(アルコール以外の飲み物は可。)の為ここででランチタイムです。

早速入り口で今回食べ損なっていた群馬名物を発見!

焼きまんじゅうです!これ食べたかったのですが全然見かけなかったんですよね。焼きに少し時間がかかるということで、注文して別のお店で野沢菜おやきも購入。(写真撮るの忘れました)

念願の焼きまんじゅうが焼き上がりました。具の入っていないふわっふわのまんじゅうに甘辛い味噌ダレをたっぷりと掛け焼いたのもなのですが、素朴なのになんとも美味。

キュートラ1号
うまい!これ2本はイケるな

しかし休憩は20分。とにかく時間がなく慌てて食べバスへ戻りました。

バスは順調に走り渋滞にも巻き込まれなかったため到着予定時刻の14時にバスタ新宿へ到着しました。土曜日だったのもあり新宿駅は人がいっぱいです。感染リスクを避けるため早々に移動しました。

銀座キャピタルホテル萌木

丸一日移動で終わってしまうのも疲れるので、東京で1泊することにしました。

東京駅から近く安いところを探し見つけたのが、はとバス直営の銀座キャピタルホテルです。

メトロ日比谷線築地駅から徒歩1分、有楽町線新富町からは目の前という好立地。銀座キャピタルホテルは「茜」と「萌木」があるのですが、萌木にしました。ちょっと新しくキレイなのと、金額の差が数百円だったので。

時期的なこともあると思いますが、5月のGW明けに宿泊した時は一人¥2400。今の時期はちょっとお高いみたいですね。

広さはまずまず。

ソファもありくつろげます。

デスクとLAN完備。テレワークにも良いですね。

バスルームもコンパクトですが最低限のアメニティが揃っています。

荷物を置いて築地観光へ。築地本願寺を参拝後、飲食店の立ち並ぶエリアをぶらぶら。築地に来たのは5年ぶり。前回どうしても食べたくて2回も足を運んだきつねやは当時お母さんがり切り盛りしていましたが、今は男性スタッフが数人いて雰囲気も変わっていました。5年も経ったからそりゃそうか。

今夜行こうと思っていたお店の場所確認のため行ってみたら…コロナの影響で夜営業は休業中(泣)朝は営業していると書いてあったので明日リベンジです。

半端な時間だったのもあり営業しているお店はすしざんまいと玉子焼きのお店と数店しかありませんでした。

喉も乾いていたのでサクッと飲めそうなお店を探していたら発見!せんべろをやっていたのでビールと刺身を注文しましたが、お店の名前は書いていなかったので分かりません(笑)

前日の湯めぐりと長距離移動で疲れたのもあり、目当てのお店も開いていない…ということで夕食はルームサービスに。

ホテル1階にあるレストランから運ばれてくるので出来たてあつあつ。メニューも豊富なのでオススメです。

そして翌朝、目的のお店へ。

又こい家

天然マグロ専門店又こい家さんです。オープン時間に合わせて行きましたが既に満席という人気ぶり。入り口で食券を買い席が空くのを待ちました。朝ですしお店の回転も良いのでさほど待たずに入ることができました。

注文したのは「希少丼」という中落ち・脳天・ほほ肉・あご肉という名前の通り希少部位が乗ったマグロ丼です。

希少丼登場!

ほほ肉とあご肉は人生初。独特な食感がありこれまた美味です。この珍しいマグロ丼はなんと¥1500(2022年5月時点)とリーズナブル。やっぱり築地は最高ですね。

キュートラ1号
又こい家さんごちそうさまでした!

朝から贅沢!お腹いっぱいです。フライトは夕方ですが最後に行きたかったところがあったため、築地から東京駅に向かい直行のシャトルバスで成田へ。この様子は次回に続きます。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »