ガパリでするべきこと

ガパリはアジアの中でも屈指のビーチリゾートなのですが、まだまだ日本では知られていないビーチの1つ。他のビーチリゾートとは違い、長閑で素朴なビーチエリアです。ガパリを満喫するにはズバリ「何にもしない」に尽きると思います。とはいえ全くアクテビティがない訳ではありません。

ガパリビーチ自体は海に入るというよりも、海を見ながらパラソルの下でゆっくり過ごすといった感じで、あまり泳いでいる人は見かけませんが、近隣の島へ行くボートトリップがあり、シュノーケルしたり、釣りをしたり、トレッキングもありますし、象とふれあえるNgapali Elephants Sanctuaryというところもあります。自然を満喫するコースはたくさんありますが、ショッピングには不向きなエリアだと思います。

Ngapali Elephants Sanctuary

私は他の国でエレファントキャンプに参加したことがあったので行きませんでしたが、動物嫌いでなければとても楽しい体験になると思います。普段象は動物園の柵越しに遠くからしか見ることができませんが、東南アジアの象とふれあえる施設では触ったり、ご飯をあげたり、象に乗る体験もできるところが多いです。間近で見る象の目は本当に優しくて癒されます。

Ngapali Elephants Sanctuaryでは小象にご飯をあげたり、一緒に水遊びしたりするプログラムもある様です。個人的には機会があるのなら一生に一度は体験して損はないと思います。まだ象と触れ合ったことが無い方にはおすすめしたいですね。

グルメを楽しむ


シーフードたっぷりのカレーは絶品だった。これで1人前の量なんです。

ガパリは新鮮なシーフードがリーズナブルに食べられる上に、ミャンマーでは食事を頼むと「オマケ」がたくさん付いてくるのですが、ガパリのオマケは物凄く多かった気がします。1つのメニューも量が多い上にたくさんサービスが付いてくるので食べ切れなくなることも。コンビニもスーパーもありませんが、レストランはとにかく多かったです。どのお店もだいたい同じメニュー構成でしたが、味付けが全然違うので飽きることはありません。胃袋に自信があるならいろんなお店で食べ歩きも楽しいと思います。※ただし量が多いのでご注意を。

ボートトリップに行ってみる

ボートトリップはアレンジ自由自在。朝から1日満喫するもよし、午後からちょっと出たり、気が向いたら今から出発!なんてのもアリです。(私がそうでした)料金も各ツアー会社によって違いますので、いくつか当たってみると良いと思います。私が参加したボートトリップについてはまた後ほど書きたいと思います。

マーケットに行ってみる

あるとつい行きたくなるのが地元民のマーケット。ガパリにもマーケットはありますが規模が小さい上に営業時間も短いらしいです。それでも行ってみようかと思ったら、ホテルのスタッフにもトゥクトゥクのドライバーさんにも「魚とその辺の商店で売って居るものしかないから、行くならThandwe(サンドウェー)のマーケットが良い」と勧められました。魚見ても買わないしな…と思い勧められたサンドウェーマーケットへ。サンドウェーは空港のある隣町。移動手段はトゥクトゥクで大体40分くらいです。


「ここにいるからゆっくり見ておいで〜」と待っていてくれたドライバーさん。

トゥクトゥクは往復でお願いした方が安くなりますし、ドライバーさんから進められると思います。本当に親切な人が多いです。料金も最後にお支払いなので心配ありません。

https://www.instagram.com/p/B9JQLqTpmhD/?igshid=ia0p7lym7la6

でもやっぱりこれに尽きる

ガパリを満喫するにはズバリ!と冒頭にも書きましたが「何もしない」が1番。私を含め日本人は時間に追われた生活の方が多いと思います。せっかく現実逃避に来たわけですから、の〜んびりまったりダメ人間を満喫するのが1番贅沢だと思うんですよね。遅く起きて、ごはん食べて。ビーチを眺めながら昼寝して。昼からビール飲んで。夕暮れになったら散歩してサンセット見ながらまたビール(笑)ガパリに行ったらアクティビティはもちろん、ぜひ1日は何もしない休日の醍醐味を味わってみるのがおすすめです!

キュートラ1号
Letsダメ人間!

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »