マラパスクア島上陸!

2017/1/23

今回の旅で1番メインにしていたマラパスクアへ。メインなのに旅の前半にしたのは、移動時間が長いので体力のあるうちに(笑)という計画でした。

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告

マラパスクアはダイバーの憧れニタリザメと出会える

マラパスクアは、ダイバーの憧れニタリザメが高確率で見る事ができる島で、ダイバーにとって天国のような島と言われているそうです。私の第1目的は、マラパスクアから2時間ほどで行けるカランガマンという無人島へ行くこと。第2目的は昔なんとなく取得してから1度も潜っていないペーパーダイバーを卒業する。第3目的は何もしないゆっくりとした時間を楽しみたい。でした。
マラパスクアへの行き方について書いた記事です。

セブ北島のマラパスクアへ公共機関で移動する方法
セブ島の北に浮かぶマラパスクア島を目指し公共機関で移動しました。 マラパスクアは第2のボラカイ島(ボラカイ島は世界の美しいビーチに...

ビーチはロゴンとバウンティ

セブ本島最北端のマヤから、バンカーボートで約50分でマラパスクアへ到着しました。通常30分程の乗船時間ですが、この日は少し波が高く時間がかかったようです。通常はLogonBeach(ロゴンビーチ)に着くのですが、波が高い時はメインビーチのBountyBeach(バウンティビーチ)に着くようです。

予約していたアンジェリーナホテルはロゴンビーチの外れにあり、下船した場所から徒歩5分程で到着しました。ほとんどのホテルは、バウンティビーチ沿いに集中していますが、ロゴンビーチもとても近いです。


この日はホテルに荷物を置いた後、ダイビングショップブルーヘブンさんへ相談に行きました。カランガマン島へ行きたい事と、ペーパーダイバーなので、体験ダイビングしたいと話をしたところ、せっかくライセンスを持っているならリフレッシュダイビング(復習ダイビングの事らしいです。)の方が体験より安く行けますよ!とアドバイスを受けました。カランガマンは人数が集まらないと出航しないとの事で、明日のダイビング後に状況を教えてくれることになりました。残念ながら、私の持っているダイビングライセンスはオープンウォーターのため、ニタリザメのポイントの近くまでは行けても、そこから見える確率はかなり低く、見えない確率の方が高いとの事でした。「せっかくだからアドバンスを受けませんか?」と勧めていただきましたが、滞在は3泊4日。ライセンス取得には2日。カランガマンは諦められない!(その時点で出航するかわかりませんでしたが、根拠のない自信がありました。)ということで、ニタリザメダイビングは断念しました。

ライセンスによって潜れる水深が違います。

体験ダイビング           12mまで
オープンウォーター         18mまで
アドバンスド・オープン・ウォーター 30mまで
ディープ・ダイバー・スペシャルティ  40mまで

※最大水深です。

まずはリフレッシュダイビングを申込み、カランガマンへの船が出ることを祈りつつホテルへ戻りました。


※画像はアンジェリーナビーチホテルのサイトから(右下の写真のお部屋に泊まりました。)

アンジェリーナビーチホテルは、1Fがイタリアンレストランで全室4部屋。部屋は広く贅沢なつくりです。珍しくTVが無く、目の前にある海の波音と、レストランに来ているお客さんの賑わう声が聞こえてきます。オーナーはフランス人で、客室の上が住居のようでした。結局何匹いるのか把握できませんでしたが、推測2匹のロングコートチワワと3匹のスムースチワワ、1匹雑種?と2匹の猫が飼われて?いました。部屋の入り口には犬と猫。バルコニーにも時々猫。動物好きにはたまらないホテルです。

アンジェリーナは石窯ピザが人気の店で、連日予約客でいっぱいでした。テイクアウトOKだったので部屋に持ち帰り、バスで運んできたビールで晩餐です。ゆっくりと流れる時間。TVが無いのもなかなか良かったです。

次回はマラパスクアでのダイビングについて書いて行こうと思います。

↓参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外ぶらり旅へ

トップへ戻る