【旅の準備】ウズベキスタンの両替事情〜どこで両替がお得なのか

米ドル

今回のウズベキスタンの旅では、円からスム(ウズベキスタンの通貨)に両替ができないことと、クレジットカードが使えるところはほぼ無い、なのでキャッシングも無理。という悪条件。

スムに両替できるのは、米ドルとユーロのみ。その中でもやはり米ドルが主流のようなんです。

しかも、ホテルは現地支払いが多く、前もってクレジット支払いができない為、現金必須!となる訳です。

いやはや…。

不便…。

兎にも角にもまずは米ドルを調達しないといけません。

どこで両替するのが一番良いのか?を調べてみました。

マネーパートナーズ

FX口座を開設して有利なレートの時に両替したりするみたいです。FX自体よくわかっていないんですが、FX取引をしなくても両替だけもOKみたいです。

外貨を扱える口座に送金し、現金を引き出す方法が1番お得らしいのですが、その口座を開設する手間と、引き出す手数料(約¥2くらい)も微妙。

現金を受け取る方法ですと、両替手数料相当額¥316+空港受け取り事務手数料¥500を支払って、空港で受け取れるサービスのようなのですが…

受け取れる空港

  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港

この4つのみ。

すねてる

新千歳空港が入ってないから使えない!と、なりました。

でもここがやっぱり今のところ一番お得っぽいです。

というわけで、次を探すと空港でよく見る定番のTravelex(トラべレックス)とか銀行とか。

ワタクシの住む札幌限定になってしまいますけれど、両替のできる銀行はこちら。

北洋銀行

  • 北洋銀行本店
  • 札幌駅南口本店
  • 新千歳空港出張所
メリット:空港にもあるし、立地が良い。

デメリット:営業時間が短い(9:00〜15:00)

北海道銀行

・北海道銀行外貨両替プラザ

メリット:営業時間が長い
平日10:00〜19:00
土曜10:00〜17:00

デメリット:1ヶ所しかない

どちらの銀行もドルへの両替手数料は約¥3のようです。

次の候補は金券ショップ。名古屋に行った時も、金券ショップでドルを販売しているお店があったなぁ〜と思い調べてみると、金券ショップは複数あるものの、外貨を確実に取り扱っているかまでは不明。

確実に両替できるお店は大黒屋ブランド館でした。

大黒屋

大黒屋は日本全国にたくさんありますが、札幌はこのブランド館1つしかないんですよね…地方都市のサガ。

金券ショップのデメリットは偽札が交じっている可能性もあるということなのですが、大黒屋さんはブランド品鑑定と同じく、外貨も厳しく鑑定するので安心かと思います。

大黒屋は店舗での両替の他、平日11:00〜14:30の受付でネットで両替し郵送してくれるサービスもあるようですが、こちらは銀行振込もしくは郵便振替の手数料+ゆうパック送料¥700(全国一律)がかかるのがデメリット。

行かなくても済むけれど、交通費かけても店舗に行った方が安く済みそうな気がしないでもない。(住んでいる場所にもよりますが)

次に見つけたのが、こちらもオンラインで両替できる

外貨両替ドルユーロ

両替した現金を受け取るのに数日かかるので、急いでいる人には不向きですけれど、振込手数料+郵送料¥400、10万円以上の両替であれば郵送料は無料になります。

今のところ、大黒屋の店舗で両替かドルユーロを使うか思案中。

それにしても、早くウズベキスタンでもクレカが一般的になってくれたら面倒がないんだけどな〜。

余談

ちなみにウズベキスタンのタシュケント空港のラウンジは、現時点ではプライオリティパスは使えない様子。もしかしたら、KALラウンジ(大韓航空のラウンジ)がプライオリティが使える様になるのではないか?との噂あり。

行くのは4月なので、使えるようになってくれる事を祈ってます。

by
関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »