ミャンマーのテレビ番組がメチャクチャでめちゃくちゃ面白かった

ミャンマー語は全くわかりませんけれど、ミャンマーのドラマを見ていると映像だけでなんとなくストーリーがわかるのが多かったのですが、その世界観はカオス。もう無茶苦茶な設定すぎて笑えるものが多かったです。

その中の一つ。もちろんミャンマー語は読めないのでタイトルもわかりませんが、ストーリーはこうです。

男女数人の友人関係らしい人たちが和気あいあいと楽しそうに歩いていたのに

キュートラ1号
え?急すぎるだろ‼︎

いきなり喧嘩が始まります。その中の1人の男性が怒ってその場を立ち去ります。彼が怒ってどんどん1人で歩いている姿を友人らが見ていると、後ろからそんなにスピードが出ていない車が走ってきて彼のお尻をポンッとはねました。

ほとんど傾斜のない路肩の草にとってもゆっくり横にゴロゴロと転がっていきました。石一つないし、横に転がって行ったのに一体どこでぶつけた??顔面血だらけ。その血もかき氷のイチゴシロップみたいな薄い色で若干美味しそうです。

はねられた彼はイチゴシロップを顔面から流しながら、駆け寄るみんなに謝り息を引取りました。その後、その場にいた男女が次々と別の日に命を狙われて行く…といったたぶんミステリー?

他のドラマも同様で

キュートラ1号
んな事あるか?

とツッコミどころ満載なシーンがてんこ盛りです。

そんな中、別の番組で突然日本語が聞こえてきました。

日本で活躍している森崎ウィンさんが司会のバラエティー番組のようです。ハリウッド映画に出演したことで一躍有名になった俳優さんで、ミャンマー出身なのは知っていたのですが、ハーフではなく生粋のミャンマー人だそうです。森崎は芸名でウィンは本名なんだって。

▼ 森崎ウィンさん出演のスティーヴン・スピルバーグ監督のSF映画

ミャンマー語、日本語、英語が話せるトリリンガルなんて凄いなぁ。母国語ですら怪しいキュートラ…。羨ましい限り。

別の日にたまたま見たこのドラマもまたまた森崎ウィンさん。The House with Dreamsという数日前に始まったばかりらしいドラマでした。

▼ドラマThe House with Dreamsについてのニュース

このドラマの主題歌がヤンゴンですごく流れてて、ミャンマーで流行りの曲なのかな?なんて思ってたのですが、こちらも調べてみると平原綾香さん作詞作曲の「MOSHIMO / 平原綾香,森崎ウィン」という曲でした。

▼ MOSHIMO / 平原綾香,森崎ウィン ※ミャンマー語&日本語ミックスバージョン

このドラマの舞台はミャンマーと日本で繰り広げる遠距離恋愛のストーリーで、ミャンマーと日本の制作会社が共同制作しているそうです。たった1話しか見ていないけど、失礼ながら他のドラマと違ってストーリーがカオスじゃないし、そのうち日本でも公開されたら良いのにな〜って思いました。

でも…カオスなドラマも嫌いじゃない(笑)言葉は分からなくてもなんとなーくわかるものも多いので、興味があればぜひ。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »