金バス「メーグル」で名古屋をお得観光する

金バスメーグル

春に名古屋に来た時は、1泊だったのもありひたすら「なごやめし」を食べ歩いて、ほぼ観光しなかったので、今回は名古屋城に行こう!と、なりまして、ホテルから名古屋城までのアクセスを調べたら、観光バスを発見しました。

キュートラ1号
その名もメーグル!

名古屋城へのアクセス

ホテルの最寄駅が名古屋駅だったので、アクセスも色々選べて便利。

地下鉄移動の場合は、名古屋駅直結の東山線もしくは桜通線に乗り「市役所駅」で下車。市役所駅から徒歩5分ほどで名古屋城に到着で、料金はどちらも片道¥240でした。(2018年11月時点での料金です。)

同じく名古屋駅直結のバスターミナルから出ているのが「メーグル」で、1日乗車券が¥500でして、地下鉄往復料金とわずか¥20差。しかも、メーグルの乗車券で入場料やお店の割引などが受けられるという事で、今回利用してみることにしたのでした。

なごや観光ルートバス「メーグル」

金バスメーグル

キャッチコピーが「金バスでなごやの見どころ、わくわくメーグル!ぐるっとメーグル!」と、いうこのバスは、車体の前方が金色で、青いバスが多い名古屋市内の中でひときわ目立ちます。

金バスメーグル

バスターミナルの場所はJRゲートタワーとJPタワー名古屋の中間にあり、乗り場は11番です。

金バスメーグル

1日乗車券はバスに乗り込む際に運転手さんから買うシステムで、磁気カードになっているので、てっきりカードリーダーに通すのかと思ったら…

金バスメーグル

裏に印字された日付を見せて乗車するという、なんともアナログ…。エコなのか、そうじゃないのか…(笑)

金バスメーグル

こんなラッピングのメーグルもありました。

各割引特典

メーグルの裏の印字を見せると施設入場料やおみやげ特典が受けられます。

・施設入場料割引

・グルメ&おみやげ特典

今回私たちが受けた特典は、名古屋城の入場料割引と、ランチした山本屋総本家名物の味噌煮込みうどんストラップ。

山本屋総本家

渋い…

名古屋城の売店で¥1000以上のお買い物でもらえるオリジナル名古屋グッズはすっかり忘れて貰いそびれてしまいました。

どんなグッズだったのか…気になります。

今回は名古屋城をかなり満喫してしまい、バスの運行時間を考えると他の施設に行く時間がなかったので、(どんだけ名古屋城にいたのか…笑)バスでぐるっと回って車内観光して戻ろう!となりまして、遠回りコースで名古屋駅に戻ることにしました。

バスから見た文化のみち二葉館(名古屋市旧川上貞奴邸)

「日本の女優第1号」として有名な川上貞奴と、「電力王」と呼ばれた福沢桃介が暮らした邸宅。

二葉館

大正時代、和洋折衷の建物は「二葉御殿」と呼ばれ、当時の様子を復元した邸内は実に華やか。
貞奴愛用の品や郷土ゆかりの文学資料といった展示品の中でも、大広間のステンドグラスは必見!

名古屋観光情報より

文化のみちは名古屋城から徳川園にかけての一帯のエリアで、いろんな著名人の旧邸宅などが見られます。

時間があったら巡ってみたい建物も沢山あります。

金バスメーグル

車内はこんな感じでちょっとコンパクトな感じでしたが、

金バスメーグル

上も一部ガラス張りになっているので、圧迫感は軽減されていました。

車内アナウンスは「名古屋おもてなし武将隊」の方達の声なのですが、車内での注意事項や、各スポットを「武士言葉」で語っていまして、時々英語での説明もされていて聞いているのが面白かったです。

キュートラ1号
バスガイドさんの様に観光案内してくれるので必聴ですよ!

バス後方にはモニターがあり、各観光スポットの見どころなどを映像で紹介しているので、後ろに座るのがおススメです。

メーグルのメリットとデメリット

平日であれば、おそらく一番お得に回れる公共機関だと思いますが、デメリットとして、1時間に2本、お昼時間帯は1時間に1本という本数の少なさです。私たちは名古屋メインだったので、入場料もお得になりましたし、地下鉄移動よりもお得に移動できたと思います。

週末の観光であれば、バスの本数が20分〜30分に1本と本数が増えるのですが、ドニチエコきっぷというものがあり、こちらはさらにお得!

ドニチエコきっぷは、名古屋の市バス・名古屋市営地下鉄・メーグルが1日乗り放題で、1日乗車券がなんと¥600!もちろん主要の観光スポット入場料も割引になります。土日に行くことがあったら絶対利用しようって思いました。

しかし今回はメーグルで回ったのが正解!

ことのほか長居してしまった名古屋城。城に馴染みのない地域に住んでいると、すっごく興味深く面白かったです。

と、いうことで次回は名古屋城での様子をお届けしたいと思います。名古屋は本当にオモシロイ!!

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »