iphone6はSIM解除が出来ない-中古購入で気を付ける事-

今は旅に欠かせないスマートフォン。
もちろん今回の旅にも持っていきます。

愛用のiphoneSIMフリーにして、安くしよう!
浮いた分で旅の資金も作れるし。
違約金の無いいつでもプランを変えられる「イオンモバイル」もいいな。
なんて夢膨らませていたのですが…。
計画が崩れ去る事態が!!!!!!!

私の携帯はiphone 6
キャリアはソフトバンク。

iphone 6はSIMロック解除が出来ないのです!
(6sから¥3000支払えばSIMロック解除ができるそうです。)
f8ea3c108c8118491e6a32cf1d3eba6d_s
ガーーーーーーーーーン

そして、同じ6でもdocomoであったならロック解除はしなくても使えるのだそう。
イオンモバイルはdocomoの回線を使用しているからだそうです。

じゃあ6sを中古で買ったらどうかな?と調べてみたところ、
いろんな罠がありました。

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告

中古購入の注意

中古で安値で販売しているものは通称「赤ロム」というそうです。
これは端末の支払いが完了していないので安いのです。
安く購入しても端末代金未払いの分が加算されるので、よく調べないと高くついてしまいます。

そして、支払完了済みが「白ロム」
安心して購入できますが、端末料金は結構高いです。

もし中古で購入し、SIMロック解除する場合はキャリアによって規制がありました。

docomoの場合

端末購入日から6ヶ月以上経過
docomo解約ずみの場合は解約日から3カ月以内

そして契約者本人が購入した端末ではないといけないという点が。
中古で購入した場合、契約者ではないので解除することが出来ないのです。

格安SIMは大抵docomo回線が多いので、そもそも解除しなくてもいけますし、
6s以前のものでも使えると思います。

auの場合

ありがたいことに契約者本人ではなくても解除することができます。

au SIMロック解除の可否判定より

SIMロック解除は以下の条件をすべて満たす、au携帯電話などが対象です。
SIMロック解除にあたり、下記内容を事前にご確認ください。

■2015年5月以降に新たにauで発売されたSIMロック解除機能対応のスマートフォン/タブレット/Wi-Fiルーターなどであること。
 SIMロック解除対象機種一覧のご確認はこちら
 ※2015年4月23日発売の「Galaxy S6 edge SCV31 」についても、SIMロック解除の対象となります。
■機種購入日から181日目以降であること。
 ※ご購入日当日を「1日目」とします。
 ※上記の条件を満たしている場合でも、故障がある場合は修理完了後のお手続きとなります。

なお、auお客さまサポートではご契約中のau契約で購入履歴が確認できる機種のみ、SIMロック解除のお手続きが可能です。
最寄りのauショップ でも手続きは可能ですが、SIMロック解除手数料 (3,000円 (税抜) ) およびご来店者の本人確認書類が必要となります。

SIMロック解除はできるのですが、auの通信方式がdocomoと違うので、せっかく買った格安SIMが使えない可能性もあるそうです。

最後に私が使っているキャリア

SoftBankの場合

・端末購入日から181日経過
・解約ずみの端末の場合、解約後90日以内
・契約者本人でなくてはならない

と、いうことは中古で購入するとロック解除が出来ないことになります。

結論

なんだかんだ言ってもdocomoってすごいな。(感想)

※現在(2017/2/25時点)は mineo(マイネオ)という、ドコモもauユーザーも使える格安SIMが登場しました。

iphone7に買い替えれば済むことなんですけれどね。
今回は旅に予算を回したいので買い替えはまたいつか。
b0b1d1598a00f4001ff1b05966c1dce6_s
とりあえず、パンパンのデータをPCへ移動し、不意に見たくなる画像は
USBに入れて持ち歩く作戦に変更。
どのUSBにしようかまたワクワクしながら調べようと思います。

追記2017年3月

やっとソフトバンクiphoneにも春がやってきました。音声通話はできないものの、通信の格安SIMがユーモバイルから出ました!!

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告
トップへ戻る