【リペ島旅行記】 アクセスが便利な高速フェリーでランカウイからリペ

テラガハーバー

ランカウイから高速フェリーで約1時間30分。3泊4日でタイの最後の楽園と呼ばれるリペ島(Koh Lipe)へ行ってきました。

このリペ島は地球の歩き方タイには載っていなかったので、どんなに秘境なのか?と、思っていましたが、後日ランカウイに近いことから、地球の歩き方マレーシアには載っていたという事を知ったのでした。

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告

リペ島のシーズン

東南アジアに吹く季節風、モンスーンの影響で6月〜9月までフェリーは運行していません。この時期はホテルも閉鎖しているところが多いそうです。

リペ島のベストシーズンは乾季にあたる12月〜5月です。

ランカウイからリペ島への移動方法

ランカウイからのフェリーは、西部にあるTelega Teminalと、東部にあるKuah Jettyという2社あります。

私が宿泊していたエリアから近かったのは西部でしたので、今回はTelega Teminalを利用しました。

Telega Teminalはオンラインで事前購入した場合、片道10MYRずつ割引が適用されました。往復買えば、日本円で約¥500くらいは安くなりますのでおススメです。

フェリーの時刻や料金は変動しますので、詳しくは公式サイトをご覧ください。
Telega Teminal
Kuah Jetty

Telega Teminalへの行き方

ランカウイの移動はタクシー、レンタカー、レンタルバイクしかありませんので、おそらくタクシーの一択になるかと思います。タクシーはUberやGrabTaxiがリーズナブルですので、アプリを入れておくと便利です。

GrabTaxi

GrabTaxi
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ
Uber

Uber
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

今回は宿泊していたホテルの方がUberで呼んでくれていました。

宿泊地のパンタイチェナンからTelega Teminalまでは約40分程で到着し、料金は20リンギットでした。

マレーシア出国

テラガハーバー
ターミナル内に入ります。

テラガハーバー
タイの入国書類を記入し、事前購入したチケットと合わせてチェックインカウンターへ並びます。
テラガハーバー
チェックインを済ませたら、出航までは自由時間。
テラガハーバー
種類も結構ありました。
テラガハーバー
出航時間の少し前に併設されたイミグレーションがオープンします。いよいよ出国審査です。
テラガハーバー
ここからは撮影禁止なので写真はありませんが、窓口が2つありました。この審査時に、パスポートを預け入れします。パスポートはリペ島のイミグレーションで返却されますのでご心配なく。
テラガハーバー
いよいよ出航!リペ島はタイなので、マレーシアと−1時間時差があります。腕時計などされている方は、移動中に時刻を合わせておくと良いですよ。
テラガハーバー
フェリー内ではモニターで映画の上映をしていました。この時はワイルドスピードだったのですが、いよいよクライマックス!というところで到着してしまい、モヤモヤしながら下船です。

リペ島
フェリーは岸まで行くと珊瑚を傷つけてしまうため、ここで小舟に乗り換えます。
リペ島
荷物もあるのですし詰め状態。
リペ島
水がとってもきれい!
リペ島
荷物はスタッフさんが砂地まで運んでくれます。暑いから木陰で待っててね!と。とっても親切。
リペ島
荷物を受け取ったら目の前のイミグレーションで待ちます。
リペ島
スタッフさんから名前と国名が呼ばれるので、呼ばれたらパスポートを受け取り、タイの入国審査です。

手続きを終えたら最後にNational Park Entrance Fee(国立公園入場料)の支払いをします。この入場料の券は現地ツアーに参加するときに必要になりますので、無くさないようお気をつけください。

さぁリペ島時間が始まりました。海はキレイだし、天気も良くて最高!

リペ島
メイン通りのウォーキングストリート。この通りにはセブンイレブンが2つもありました…。

今回宿泊したのはThe Street Hostelというドミトリーでリーズナブルなホテルです。このホテルについては次回ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告
レスポンシブ大広告

SHARE

FOLLOW 

トップへ戻る