丘珠空港で食の世界遺産「札幌黄」を味わう

とある日。半休を取った日は秋晴れでこのまま帰るのもったいないなぁ〜と思ったものの、

キュートラ1号
さてどこに行く?

仕事も半ば上の空で考えた。そこで浮かんだのはいつか行こうと先延ばしにして行ったことない所。

そこにはまったく用事はないのだけれど。

丘珠空港に行ってみた

札幌にあるのに利用することがないから来たことがなかった丘珠(おかだま)空港。バスが札幌駅と麻生駅から出ていて、1時間に1本は走っているみたい。正直もっと本数少ないと思っていました。駐車場もほぼ満車状態。丘珠空港自体も勝手に古い建物を想像していたので、こちらもキレイで意外だった。

昔からある空港だけれど、主要路線が無いし、アクセスも悪い。札幌駅でバスに乗り換えるなら、JRの快速で千歳に行っちゃった方が早いし。なんて散々冒頭からディスっちゃったけど。(笑)これが結構面白かったんですよね。

丘珠空港を満喫する

空港内に入るといきなりカウンターでこちらはdeparture(出発)側。

そしてお隣は保安検査ではなくarrival(到着)。保安検査は階段で2階に上がってすぐの場所にありました。こちらも失礼ながら意外にお客さんがいたので写真は撮れませんでしたが、駐車場もいっぱいだったので、道内の日帰り出張で利用する方も多いのかなと思いました。

ここに行ってみました。

多目的スペース的な感じで、乗客以外にもたぶん近所の方が読書しに来てたり、お弁当持参で利用していた方もいました。あとはここで働く従業員が休憩しているようでした。

明治時代から現在に至るまでの札幌の地図があり、

昔は全区村だったんだなぁと。この他にもいろんな札幌の街の変化の様子などあれこれ展示されていて面白かったです。無料ですのでぜひ。

同じスペースにはこんな席も。「ご自由にお座りください」となっていましてフライト気分が味わえます。

現在丘珠空港と結ぶ7路線(2020年9月時点)あるようです。

小さいながらも品揃えが豊富な売店もありました。

丘珠と長野、静岡を結ぶフジドリームエアライングッズがあり、こちらも種類が豊富です。

丘珠といえば食の世界遺産にも認定された「札幌黄」というたまねぎが生産されており、丘珠でしか作られていない貴重なたまねぎです。その札幌黄を使ったホルモンがこの売店イチオシ商品のようでして、お土産に買って帰りました。後日いただきましたが、札幌黄で漬け込んだホルモンは柔らかくジューシーで美味しかったです。これ本当おすすめ。

売店の隣の通路には窓があり飛行場を眺められます。ちょうどフジドリームエアラインが出発だったので、窓に張り付いて眺めていました。

こんな感じで結構近くでテイクオフを見られます。飛行機好きにはこの瞬間たまりませんね。見るのも良いですが、やっぱり乗りたいな〜。

ちょうどお昼時。お腹も空いたのでここで空港ランチすることにしました。

看板の上に飛行機の模型が並んでいてかわいい。

メニューも豊富で、食券を購入して窓口で受け渡しするセルフタイプの食堂。乗客というより、ここの従業員や近隣の会社の人がランチに来ている感じでした。

せっかくなので名物の札幌黄のメニューにしたいところ。ラーメンもいいしカレーもいいな。

悩んだ結果

キュートラ1号
たまねぎを煮込んだ丘珠カレー!

あんど

キュートラ1号
たまねぎを練り込んだ丘珠ラーメン

もWでいっちゃいました(笑)

チャーラー(チャーハンとラーメン)ならぬラーカレーです!近くに座っていた航空整備士と思われるお兄さん2人がこちらを2度見していましたが、御構い無しにいただきます!!

カレーはリピーターが多いと店内に張り紙がしてあったのが納得できるお味。たまねぎの甘さとコクがあり甘めのカレーですが、辛くできる調味料も置いてあるのでお好みでいただくことができます。

ラーメンは醤油ベースのスープに少しとろみのあるあんかけ状態になっていて、札幌黄を練りこんだ麺との相性抜群。豚バラ肉と大きめザクザクの札幌黄を炒めた具がたくさん乗っていてボリューム満点。サクサクとしたたまねぎは噛むほど甘くジューシー。

お腹が張り裂けそうでしたがなんとか頑張って完食いたしました!気持ちは食いしん坊なのに少食という残念なキュートラ…おかげで翌日の夜までお腹いっぱいで何にも食べられなかった(笑)

これハーフ&ハーフがあったら良いのに…丘珠キッチンさん!こんな欲張りメニューもぜひお願いします!!

たまねぎ直売所

たくさん食べた分を消費しなくては!と空港を後に何もなさげな道を歩くと、遠くに札幌黄の直売所の看板が見えたので看板を目指して歩きました。

近そうに見えて遠かった…けど少しカロリーは消費できたはず!到着したのは佐々木農園さんです。

ちょうどたまねぎ収穫最盛期の様でして、山積みのたまねぎがいっぱい。お客さんも続々訪れます。

詰めても詰めてもすぐ売れちゃうのだとか。

それもそのはず。とにかく安い!札幌黄はブランドたまねぎなので、スーパーで買うと結構高いのですが、直売所なのでめちゃくちゃ安い!

ただね…ここは車で来るべきだよね。たまねぎって重いから…。

いちばん小さいサイズを1袋買い(それでも重かった…)帰宅しましたが、店主さんが「札幌黄は人気だから10月くらいまでには毎年無くなるんだよね〜」と言っていたので、翌日は車で買いに行きました(笑)その日にタマネギステーキにしていただきましたが(前日のラーカレー以来の食事 笑)たまねぎ自体が美味しいし、焼いて好きなソースをかけるだけなので超絶簡単。これおすすめ。

丘珠空港周辺は札幌黄の直売所がたくさんあるので、今ならまだ間に合うかも!もし間に合わなくても丘珠空港でいただけますので、ぜひぜひ食の世界遺産「札幌黄」を食べて見てくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »