倉庫カリーの朝ラーがスタート!朝からぺろっといけちゃう魅惑の煮干ラーメン

倉庫カリーのインスタストーカーをしているワタクシ(笑)まだかまだかと待ちわびておりました!

それは、津軽地方で食べられる本格煮干ラーメンが札幌進出。しかも倉庫カリーが札幌煮干結社になる!という事でした。青森で展開している「煮干結社」グループの札幌煮干結社として4月14日オープン!!朝7時から9時までの2時間限定で食べられる朝ラーで、ラーメンの時間が終わるといつもの倉庫カリーとして美味しいカリーが食べられるという二毛作スタイルなのです。

キュートラ1号
これはワクワクしかありません!

オープン日だけラーメンのみで15:00までの営業(無くなり次第終了)ということでしたが、スープが無くならないうちに!とランチ時間前の10時頃にブランチしてきました。

いざ札幌煮干結社へ

天気は良かったものの風が強く暖簾がグルングルンになっていました。

気温も4月だと言うのに天気予報では2月下旬並みと言っていた当日。そんな日だからこそ肌寒い今日はラーメン日和とも言えます。

メニューはシンプルにサイズ違いの2種類+おにぎり。きっとこれからメニューも色々加わっていくんだろうなと思います。今回は並を注文。

カリー同様にこのスタイルは健在。

待つこと数分。オシャレにお皿に乗った煮干中毒丼で登場!

煮干の香りがすでにうまさを感じるスープにデカめの具材たち。脇役扱いされがちのメンマも大きい!(ワタクシかなりのメンマ好き)

麺も極太でつるっつるのモッチリストレート麺。

こちらも厚切りチャーシューが2枚どどんと乗っていて、メチャメチャ柔らかくてジューシー。スープにもよく合う。

(いつものことだけど)無言で食べ進めること数分…

完食

煮干の味はガツンとするスープなのにしつこくなくて、朝からいけちゃうのがわかる。五臓六腑に染み渡るってこういうことなのね〜。

スープ飲み干したかったんですけどね、この後サウナに行くので喉が渇くかな〜とちょっとだけ控えました。次回はサウナ行かない時に行って、スープにご飯入れて食べたいな〜。

話がそれますが、丼の「ニボシチュウドク」のフォント、キュートラのロゴフォントと同系で親近感湧きます。カタカナはこのフォントがカッチョいいんだよな〜と個人的に思います。(電気グルーヴが好きなものですから)

なんとなく気になって、丼の下のお皿を見てみると…

隠しキャラ発見!

キュートラ1号
とってもアロイかったです!

札幌煮干結社(倉庫カリー)さんごちそうさまでした!

キュートラ1号
カレーもラーメンもまた食べにきます!

こちら週一ラーメンの日を検討中とありましたので、朝が苦手な方にもチャンスがあるかも。でも、早起きは三文の徳なので、早寝早起きでぜひぜひ朝ラー体験してみてくださいね。

あまりのおいしさにできるだけ早くお伝えしたくて。ミャンマー話の途中にぶち込みました(笑)

こんなご時世ですが、元の「普通」に戻った時に、いっぱい食べていっぱいいろんな所に行けるように!休日トラベルの様子を発信していきたいと思います!!

ではでは次回はまたミャンマー話に戻りますよ!

※残念ながら現在煮干しラーメンは無くなってしまいました。代わりに出汁の効いたカリーやカリーうどんがいただけます!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »