札幌の老舗カレーDELHIは最高だった。

札幌デリー

札幌、狸小路に店を構える老舗のカレー屋さんDELHI。

ここも何度も通っていて、お店は見かけていたのだけれど、老舗だったなんて知りませんでした。

今回、台湾人の友人が社員旅行で北海道に来ることになり、札幌でのわずかな滞在時間に会うことに。「何食べたい?」と聞くと「DELHIに行きたい!」という事ではじめて入ってみたのでした。

世界に広がる日本のカレー文化

まずお店選びで候補に上がったのは、スープカレーGARAKU。GARAKUは台湾(台北)にも店舗があるらしいので、せっかくだから違うお店にしよう!となりまして、次に浮上したのがDELHIだったんですね。

最近ではラーメンに続き、世界各国で日本のカレー店が出店し始めているんですよね。

キュートラ1号
代表格なのはCoCo壱ではないかと

韓国人の友人も日本のカレーが1番好き!と、言っていたし、バリ島で出会ったインドネシア人もネットでハウスのカレールーを取り寄せていると言ってました。

スパイス以外にも独自の「隠し味」があって、そこが日本カレーの魅力なのだそうですよ。

日本にも独特のカレー文化が根付いているのもあり、子供の好きなものといえば、大抵カレーだし、今では和食より絶対的に食べられている国民食ではないかな。と思います。

DHLHI

札幌デリー

狸小路自体レトロですが、1丁目、6丁目、7丁目はレトロ感増し増しで、面白い発見ができるエリアです。DELHIがあるのは狸小路1丁目。創成川と二条市場がすぐそばにあります。DELHIのお隣は佐世保バーガーのお店。

名前の通りインドカレーのお店ですが、元祖スープカレーと言われているお店なのだそうです。

店内に入るとスープカレー屋さんや他のインドカレー屋さんとはまた違った感じの店内の香り。スパイスの香りはするのですが、ガツンとしたスパイスではなくて、どことなく優しく、なんだか体に良さそうな香りなんです。

店内は昔ながらの喫茶店で家庭的な雰囲気。席も少なく、少しお年を召したご夫婦が2人で切り盛りされているようです。

ここは東京上野にある上野デリーの暖簾わけのお店なのだそうで、店内にいたお客さんがお店の方と話していました。

そのお客さんは東京から出張で来ていたらしく、どうしても札幌のDELHIで食べたくて来た。という話をされてました。

私たちは午後のオープン時間の17:30に合わせて入店したのですぐに座れましたが、その後も続々とお客さんが来たのですが、席が空いていないため、席の予約をしていく方が多かったです。

その中には外国人観光客も多く、友人の話だと、スープがなくなり次第営業終了だから、入れて良かった!と。本当に有名なお店のようです。(地元にいながら知らなかったけど…。)

スープと具材を選ぶ

札幌デリー

スープはDELHI名物のカシミールカレー、具材はチキンを選択。基本のにジャガイモと人参とピーマンが入っているということだったので、トッピングはしませんでした。

札幌デリー

待つこと数分で登場。カシミールカレーは色が濃い!

ご飯に添えられた玉ねぎのピクルス「アチャール」とレモンはご飯にかけて食べるとさっぱりいただけます。

札幌デリー

スープの色は濃いですが、優しい味でスパイスもマイルド。辛さは中辛よりちょっと辛いくらいかも。辛さが足りない方には、お好みでテーブルに置いてあるチリパウダーで調整することができます。

このカシミールカレーは、私にとって今まで食べた事ない味。

キュートラ1号
食べ進めるほどにクセになる!

札幌デリー

あっというまに完食。スープが全部すくえなかったのが心残りですが…。

今までは、道外から来た友人を連れて行くスープカレー屋さんはベンベラネットワークカンパニーと決めていたのですが、これからはここも入れよう!

キュートラ1号
また食べに来ます!ごちそうさまでした!

DELHI

札幌デリー

営業時間
11:30~14:30
16:30~20:30(ラストオーダー)
定休日:木曜

食べログ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »