北海道旅行博に行ってきました

北海道旅行博2019

今年で3回目の開催という北海道旅行博。各地、各国のPRブースや、旅にまつわるイベント、トークショーなどなど。旅行好きのためのイベントに行ってきました。

北海道旅行博2019

会場は札幌グランドホテル別館2階のグランドホール と、金枝の間 とホワイエの3ヶ所。とはいえお隣どうしなので移動はらくらくです。

夏の終わりに行った
ベトナムフェスティバルで見た映画も金枝の間だったのですが、結構グランドホテルってイベントで使われているんだな〜と思いました。

イベントは2日間行われましたが、どちらも仕事が休みではなかったため、半日有給で1日目の後半からの参加。どうしても来たかった理由がこの方のトークショー!

リーマントラベラー東松さん

北海道旅行博2019

東松さんは、現役サラリーマン。毎日残業、休みは合コンに明け暮れ社畜になりそうだった時にふと旅に出たのがきっかけで旅の魅力にハマったそうです。

その時に「世界一周がしてみたい。」と思ったそうで、会社を辞めずに週末や有給を使い、世界に行く、日本に戻る、また世界に行く。という方法で世界一周を達成したというすごい人。

ポイントは1回1回戻ってくる日本は帰国ではなく、「日本はトランジット中!と言い張ること!」なのだとか。(笑)もちろん平日の勤務中もトランジット期間なんですって。

この世界一周の旅をブログで発信し、2016年に地球の歩き方が発行する雑誌で「旅のプロ8人」に選出され、メディアでもリーマントラベラーが取り上げられるようになったそうです。

このイベント前日もしっかり会社で働き、2日間ともトークショーがあったのですが、2日目が終わったら、「せっかく北海道まできたので、北海道から近く行ける所ということで、明日の夜ユジノサハリンスクに飛びます!」とおっしゃっておりました。

キュートラ1号
パワフルな人だなぁ

あっという間の30分。スライドと合わせたトークショーは本当に面白かったです。東松さんは本も出されているようなので、今度本読んでみようかな〜。

PRブース

北海道旅行博2019

国内と海外のブース会場は別れていましたが、どちらも人がいっぱいで、老若男女の旅好きが集まったという感じです。

キュンちゃん

北海道旅行博2019

北海道のご当地キャラクター、キュンちゃんが来年オープン予定の施設「ウポポイ」をPRしていました。

ウポポイとは

北海道白老町に2020年4月にオープン予定の国立アイヌ民族博物館、国立民族共生公園、慰霊施設などの民族共生象徴空間の愛称です。
ウポポイはアイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」という意味だそうです。

キュンちゃんはナキウサギで、いつもはエゾシカのかぶりものをしているのですが、今回はウポポイにちなんでアイヌの民族衣装を着たイランカラプテバージョンでした。
※イランカラプテはアイヌ語でこんにちはという意味だなのだそうですよ。

この他にも北海道各地エリアのご当地バージョンのかぶりもので登場する事もあるみたいです。

ちなみにキュンちゃんの作者は札幌在住のイラストレーターそらさん。JR北海道のICカードKitaca(キタカ)のキャラクター、エゾモモンガもそらさんの作品なんですよ。

キュンちゃんのプロフィールやストーリーがかわいいので、ぜひキュンちゃんの部屋をのぞいてみてください。

謎のキャラクター

北海道旅行博2019

興味のある地域のパンフレットなどをいただいてきたのですが、航空券の比較サイトで知られるエアトリのブースで謎のキャラクターをいただきました。

エアトリといえばオリラジに続きロバート秋山さんがイメージキャラクターだと思っていたのですが、いつのまにかこんなキャラクターも登場していたみたいです。

その名もエアトリさん。(そのままだった)

エアトリさんのオフィシャルページもできていました。キャラ設定でエアトリさんとそのパパのパパオブザエアトリさん。(ややこしい…)

エアトリさんは永遠の25歳で、パパオブザエアトリさんは永遠の45歳なんですって。エアトリさんのページも面白かったのでよかったらのぞいてみてください。

北海道旅行博はワクワクするブースでいっぱいでした。時間がなくて全部回りきれなかったのですが、来年はゆっくり見学したいな〜。

旅好きにはたまらないイベントですので、興味があれば是非!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »