AppleIDが乗っ取られた??アカウント詐欺メールにご注意!!


数日前、変だなと思うメールがアップルと名乗るところから来ました。

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告

最初の詐欺メール


日本語が微妙に変。Amazonの某店舗で買い物した時に中国からきたメールのようだ…と思ったのです。

あなたの協力と信頼のために、私たちはあなたに感謝します

ありがとうございました
セキュリティセンター

って…変….Appleからくるメールはもっとスタイリッシュな日本語です。(笑)
アドレスを見てみるとsrvasiaapple@jpn.comとなっていました。詐欺防止努力自体が詐欺です。

試しにクリック

詐欺メールの画面はこちら。


下は本物のAppleの画面です。

ほぼ一緒ですよね?フォントサイズが違うくらいで、一瞬気づきません。決定的な違いはスマホで見るとわかりませんが、パソコンで見るとタブの表記が違います。
本物→AppleIDを管理
偽物→Sigh In

偽物はグローバルナビゲーションは全く反応しませんでした。作り方が雑…。

中にはいってみる


IDとパスワードは適当に入れてみました。すんなり入ることができます。更にすすめるとこのような画面になりました。

名前や住所などの個人情報に加え、クレジットカードの情報を入力するところがあります。そして最後にまさかのボタン。

内容確認も無く、いきなりフィニッシュ⁉︎こんなことをAppleがするわけありません。本物はもちろん正しいログイン後さらに自分が設定した秘密の質問を入力ないと中には入る事ができません。とりあえず放置し、もちろん終了などされていないので、Appleサポートのアプリをダウンロードしました。念のため、これって何でしょう?の確認のためにサポート予約を入れました。

更に数日後に来たメール


アドレスを見てみるとappIeidsjp@gmail.com
gmailってオイ!!!もはや疑う余地もありませんが、サポート予約していたのは本日。Appleから電話が来たので全てをお話しました。「最近増えている詐欺なので、絶対返信しないで削除してください。」と。Appleの方も言っていましたが、@appleじゃない物は絶対に違いますとの事。

まとめ

もしこのようなメールが来たらどこから来たのか、アドレスを見てください。@以降にappleと入っていないものは、確実に偽物です。今回はAppleIDでしたが、世の中、こんな感じのがゴロゴロしています。少しでも書いてある日本語に違和感を感じたら、アドレスを見てみてくださいね。個人情報に関してのメールは、フリーメールで来ることはありませんから。

以上、Apple IDが乗っ取られた?でした。

フィニッシュ!(笑)

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告
トップへ戻る