奥芝商店おくしばぁちゃんで念願のおばぁのよそ行き天ぷらカリーを食べる

今回の休日トラベルは札幌円山エリア。宮の森の住宅街の中にある、スープカレーの店、奥芝商店おくしばぁちゃんへ行ってきました。奥芝商店と言えば、えびだしのスープカレーのお店で、いくつか店舗があります。どの店舗もいつも混んでいて、並ぶのが嫌いな私には縁遠い存在でした。並んででも食べてみたい!と衝動に駆られたのが、奥芝商店の中でも場所がわかりずらいと有名なおくしばぁちゃん。ここの名物、おばぁのよそ行き天ぷらカリーが目的です。まずは、最寄駅の地下鉄東西線円山公園駅3番出口を出て、円山公園に向かいました。公園内に北海道神宮方向の看板が出ていますので、そのまま進み神宮に着いたら、鳥居から出て左方向ですが、神宮内でちょっと寄り道。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

六花亭神宮茶屋店 判官(はんがん)さま


ここの六花亭でしか食べる事のできない「判官さま」(1個100円)を購入。そば粉が入った生地の中には上品な甘さの餡が入っています。お土産はもちろん、店頭で焼いて販売していますので、アツアツもちもちをいただけます。

この判官さまは、北海道神宮造営の初代主席開拓判官にちなんで作られたものだそうです。神宮茶屋店でしか購入できない店舗限定品となっていますが、例外として、札幌まつりの期間中のみ六花亭全店で判官さまが販売されているそうです。六花亭神宮茶屋店では無料で判官さまがふるまわれていることがあるそうですが、日付は不明なので当たればラッキーですね。

六花亭神宮茶屋店

営業時間:9時~17時
札幌市中央区宮ヶ丘474 北海道神宮境内
地下鉄:東西線円山公園駅から徒歩約15分

おくしばぁちゃんまでは神宮から約10分

判官さまを食べ、おくしばぁちゃんへ向かいました。(このあと、2時間以上も並ぶことになったので、食べておいてよかった…。)住宅街の中にあるため、行き方が詳しくHPに載っていました。画像付きですごく丁寧に案内が載っていますので、このとうりに行けば間違いなく最短で到着できます![道案内はこちら]

13:30頃に到着したのですが、すごい行列。閑静な住宅街の中なので、皆静かに待ちます。ラストオーダーは15:30となっていましたが、この日は私の後の2組でスープ切れのため閉店に。

ぎりぎりセーフ。少し遅かったら食べられないところでした。スープは確保なので、あとは順番をひたすら待つだけです。

約1時間後にのれんをくぐることができました。

そして約2時間後、やっと店内へ。ぬくもりのある和風な作りです。メニューはいろいろありましたが、名物のおばぁのよそ行き天ぷらカリーと決めていたので迷わず注文。カレーはスープの種類や辛さなど好みで選択することができます。

カリーの選び方

スープを選ぶ

    
・おくおく(海老)スープ +¥100 ※こちらが定番でもあり名物スープ
・鶏白湯(鶏)スープ
・ノリノリスープ(牡蠣)スープ +¥200

辛さを選ぶ

 
0:辛み入っていません
1:甘口
2:中辛くらい
3:迷ったらこれくらい
4:辛口です
5:赤ピッキーヌが入ります
6:青ピッキーヌが入ります   +¥50
7:辛みとの出逢い       +¥100
8:これであなたも立派な辛党  +¥100
9:ようこそ激辛世界      +¥150
10:そろそろ汗が止まりません +¥150
11:体温プラス二度      +¥200
12:辛さから幸せへ     +¥200

無料トッピングを1品選ぶ

・旬野菜(2品) 
・ねぎ味噌
・蕎麦  

ご飯を選ぶ

・白米
・玄米
・混ぜご飯(土日祝日のみ)+¥100

ご飯の量を選ぶ

・小盛 約120g
・並盛 約200g   
・中盛 約300g  +¥50
・大盛 約500g  +¥100
   

おばぁのよそ行き天ぷらカリーは3品天ぷらが選べる

スープカリーと天ぷらのセットメニューなのですが、嬉しいことに天ぷらは松、竹、梅の中から1品ずつ、計3品選ぶことができます。

松:大海老orカチョカバロチーズ
竹:鶏ももorきのこまみれのかき揚げ
梅:半熟たまごorごぼう煮


私はカチョカバロチーズ、きのこまみれのかき揚げ、ごぼう煮をチョイス。(真ん中がカチョカバロです。)

ちなみに大海老はこちら。本当に大きくて身がぎっしりでした。

おくおく(海老)スープ+辛さ5番+旬野菜(この日は春菊とビーツでした)+白米+並盛で注文。エビだしのスープに茹で、蒸し、生野菜がたっぷり。カリーがあっさりなので、天ぷらがよく合います。天ぷらは最初に岩塩でいただいた後、スープに浸して食べるのがおすすめだそうです。ボリュームがありましたが、なんなく完食。

ネーミングが素敵すぎる…。他のメニューも気になります。

熟女カリー ~人生らくありゃ苦もあるさの巻~  ¥ 1530円
ルーカリー+スープカリーの組み合わせ。ルーはスパイスの効いたラムキーマカリー。スープカリーはお好みのスープをチョイス!

おばぁのおもてなしカリー ~サインはVの巻~ ¥1280円
大きなとり天が2本入った豪快カリー!

おばぁのじっちゃんカリー ¥1430円
じっちゃんの大好きな肉じゃがをおばぁ流に変身!

おばぁ好みの蒸し野菜カリーの巻 ¥1200円
砂糖も塩も使っていない野菜だけの甘さ!

海の幸に感謝カリー ¥1430
磯の香りがすばらしい海の幸たっぷりカリー!

おばぁの日の丸カリー ~ねっぱって、ねっぱっての巻~ ¥1230
納豆、オクラ、とろろ、梅干し、とろろ昆布、豚ひき肉の入ったねばねばカリー!

おばぁの天ぷら蕎麦 ¥1480
十勝産の鹿追そばと天ぷら3品(天ぷらはおばぁのよそ行き天ぷらカリーと同じ)

フーズバラエティすぎはら×おくしばぁちゃん コラボカリーの巻 ¥1430
平日限定。おくしばあちゃんの近くにあるスーパー、フーズバラエティすぎはらとのコラボ。婆婆バーグ(ハンバーグ)と杉原店長さんの創作カリー。
全て税込み価格です。

どれも気になるメニューばかり。名前のセンスがありすぎです。私が注文した、おばぁのよそ行き天ぷらカリーは¥1480円。おくおくスープ+¥100を選んだので、計¥1580。普段は時間が無いので不摂生な食事ばかりのワタクシ…。久しぶりに美味しいものを食べた!そんな大満足な1日でした。

スープカリー奥芝商店おくしばぁちゃん

住所:札幌市中央区宮の森1条10丁目7番20号
電話:011-688-6454
FAX:011-688-6454

平日:11:00-16:30(ラストオーダー15:30)
​土日祝日
11:00-16:30(ラストオーダー15:30)
17:30-21:30(ラストオーダー20:30)
休業日:木曜日
予約:2週間前から予約可能
   テイクアウトも可能


こんな休日トリップはいかがでしょうか。

トップへ戻る