空港ラウンジデビュー計画。プライオリティパスを作る。

空港

空港での待ち時間はみなさんどう過ごしていますか?
今回は【旅の準備編】としていつか利用してみたいと思っているあこがれの空港ラウンジについて書きたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告

空港ラウンジは特別待合室


空港ラウンジ

空港内には様々な施設がありますが、空港ラウンジは私のあこがれの場所です。最近の空港はwifiや充電も整っていますし、ラウンジを使わなくても全く不便は無いのですが、搭乗前に仕事をしたり、身体を休めたりでき、乗り換え時間を有意義に過ごせる場所なので、いつか利用してみたいとあこがれを抱いていました。空港ラウンジはビジネスマンや旅慣れている方にはおなじみの場所なのだと思います。

空港ラウンジは大きく分けて2つ

カード会社が運営する カードラウンジ

カードラウンジは対象となるゴールドクラス以上のカードと、当日の搭乗券を受付で提示すれば、無料で利用することができます。

保安検査場(セキュリティチェック)に入る前に利用できるラウンジが多いです。無料で提供されるのはソフトドリンクやお菓子が多いそうですよ。

最近はたくさんのクレジット会社があるので、ゴールドカードの年会費も様々な様です。国内線のラウンジ利用ができるカードの相場は、年会費¥3000〜10000未満。国際線であれば¥10000〜が相場のようです。

空港会社が運営する エアラインラウンジ

次にエアラインラウンジですが、こちらは運営航空会社の上級会員、ファーストクラスもしくはビジネスクラスに搭乗する方のみ利用ができます。

シャワーや仮眠室、マッサージ施設があるラウンジもあり、軽食やソフトドリンク、ラウンジによってはアルコールも無料で提供されているところもあります。

出発前にここで食事をしながらお酒を飲むのが憧れです(笑)

そこで利用したいのがプライオリティパス

出張の多い方や世界一周の旅に出られる方にはおなじみのプライオリティパス。このパスで利用できるラウンジは世界1000か所以上。このパスさえあればほとんどのラウンジが利用できるのではないかと思います。


プライオリティ・パスは、世界最大のネットワークを誇る空港ラウンジ・アクセス・プログラムです。

ただし、プライオリティパスは決して安いものではありません。会員プランは3つあります。

クラス 年会費 会員利用料金 同伴者料金
スタンダード会員 US $99
(¥11,000.88)
US $27
(¥3,000.24)
US $27
(¥3,000.24)
スタンダード・プラス会員 US $249(¥27,668.88) 10回まで無料。
※その後の利用はUS $27(¥3,000.24)
US $27
(¥3,000.24)
プレステージ会員 US $399
(¥44,336.88)
無料 US $27
(¥3,000.24)

17/11/28時点のレート1$=¥111.08で計算しています。

さすがの金額ですが、カードの特典でプライオリティパスがついてくるという方法があります。

カードの特典

別途申請になりますが、プライオリティパスも付属で申し込めます。プライオリティパス自体は年会費無料で一番上のプレステージ会員になれるといううれしい特典。

カードの年会費は¥10000ですが、新規入会&利用で初年度は10000ポイントもらえるため、ポイントでお買い物をすれば実質¥0です。翌年は年会費がかかりますが、出張や旅行に頻繁に行く方なのであれば、年会費を払っても有意義にラウンジを使えると思います。

後日、この方法でプライオリティを取得しました。今回の旅ではラウンジ三昧できそうです。

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告
レスポンシブ大広告

SHARE

FOLLOW 

トップへ戻る