日本最強パスポート説

パスポート

今年でパスポートの有効期限が切れてしまうので、パスポートを更新しました。大抵の国が3〜6ヶ月の有効期限がないと入国できないため、2月のミャンマー旅に間に合う様に合わせたのです。数ヶ月捨てることになるので勿体ないなぁ…とは思いますがこれは仕方ありません。

過去のパスポートを見ていると、どれもが思い出が詰まっていて、同時にどれだけこのパスポートで楽をできたか…と思います。日本のパスポートは信頼度が高く、ビザ無しで行ける国が多いんですよね。

ビザが不要な理由がある

なぜ日本がビザなしで行く事のできる国が多いのかと言うと、いくつか理由があります。

  • 世界第3位の経済大国
  • 不法移民になる可能性が低い
  • 貧富の格差が比較的小さい
  • 国際的なイメージが良好
  • といったもの。貧富の格差という部分には少々疑問はあるものの、確かに不法移民は圧倒的に少ないと思います。

    3年連続で1位になった

    今年もヘンリー&パートナーズ社のグローバルパスポートランキングが発表になりました。

    何のランキングかといいますと、ビザなしで行ける国が一番多い国に選ばれたのです。

    1位 日本 191ヶ国

    2位 シンガポール 190ヶ国

    3位 韓国・ドイツ 189ヶ国

    4位 イタリア・フィンランド 188ヶ国

    2位はシンガポールでわずか1ヶ国違いの僅差ではあるものの、これはすごいこと。

    旅先で出会ったいろんな国の人達から話を聞くと、国によってはビザを取るために大使館で面接があるとも聞きましたし、ビザが下りるのにとにかく時間がかかるらしいのです。

    ビザが必要な国でも日本人は比較的簡単

    過去にインドへ行くためにビザを取ったことがあります。(インドは入国にビザが必要)ビザを申請する方法はいくつかあり、事前に取るなら大使館に直接行く、郵送で手続きする、オンライン申請する方法もありますし、※アライバルビザを利用することもできるなど選択肢も多く比較的簡単に取ることができます。

    ※アライバルビザとは現地に直接行き、空港で申請してビザを取る方法です。

    旅先で聞いた話

    ウズベキスタンのホテルで隣の部屋に泊まっていたパキスタン人家族のご一行は、ビザ待ちでもう10日も滞在していると言っていました。聞けば、埼玉に住んでいる親戚の結婚式に行くらしく、こういう機会がないと日本には行けないからと楽しそうでした。

    なぜにパキスタンではなくわざわざウズベキスタンで取ったのか聞くと、ウズベキスタンの方が待機期間が短く済むらしいです。

    「日本人はビザ要らない国が多いから良いよね。」と羨ましがられると、なんだか申し訳ない気持ちにもなったりするんですよね。

    それだけ恵まれている環境なので、是非とも旅に出てほしい。

    はじめての旅なら

    九份

    今なら親日家の多い台湾がおすすめかなと思います。北海道からだと4時間程かかりますが、沖縄から行ったら1時間かかりません。日本語の表記も多く、話せる人も多いです。話せない人もめちゃくちゃ親切。台湾は美食大国ですし、夜市も多い。予算的にもリーズナブルですし、近いので週末さらっと行ける距離でもあります。

    同様にお隣の国韓国もおすすめしたいところですが、残念ながらこちらは今あまり良い関係が築けていないので、はじめてなら台湾の方が良いかなと言う気がします。ただし2020年になり韓国の通貨「ウォン」の値動きが激しくウォン安の傾向にあるので、今までより安く旅行ができる可能性も高いです。

    どちらの国も旅行会社では時々格安のツアーも出ています。メルマガを登録しておけば、いち早く安いツアーをオンラインで買えたりしますのでおすすめですよ。心配なら添乗員付きのツアーもたくさんあります。

    恵まれた環境を活かさないのは勿体ない!まだの方は今年海外旅デビューしてみませんか?

    by
    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    Translate »