【試してみました】スキミング防止セキュリティポーチSECURIPO(セキュリポ)

セキュリポ
海外旅行に行くときに、一番の心配事は貴重品の持ち方だと思います。
パスポートにカード(キャシュ・クレジット)、現金、海外保険証、スマホなどなど。

貴重品を持ち歩く旅グッズとしてセキュリティーポーチを購入する方も多いと思います。

ポーチもウエストタイプや首下げタイプがありますよね。

首下げタイプは見えてもおかしくないデザインのものが多いですが、ウエストポーチ型って結構デザインが…って思いませんか?

私が愛用していたタイプも超ダサで、長年使っていたのでクタクタ。

そろそろ買い替えようかなと思っていたところ、LiberFlyer(リバーフライヤー)さんからセキュリポ(SECURIPO)というウエストポーチのモニターをしてみませんか?と、お誘いをいただきまして、試してみる事にしました。

ということで、いろいろ試してみた様子をお届けしたいと思います。

セキュリポ(SECURIPO)ってどんな商品?

『よりスタイリッシュで機能的な旅行をサポートする』をコンセプトとした、東京発の旅行便利グッズブランドを今年立ち上げたというリバーフライヤーさん。

スタッフのみなさんも旅好きなのだそうです。

旅が好きだからこそ、旅先で余計な不安を持たずに思い切り旅を楽しみたい!

という思いから、開発が始まり、

海外旅行での貴重品管理の”悩みあるある”を300人にアンケートを取り作られた

というセキュリティポーチ、セキュリポ(SECURIPO)。

国内ブランドなので安心感もありますね。

セキュリポ(SECURIPO)の特長

・スキミング100%防止RFID素材

・薄型軽量デザインなのに高収納でかさばりにくい設計

・完全防水加工ライクラ素材を使用

・高品質YKK製ファスナー

・大きめのスマートフォンも入る
(※5.8インチの大きさまで)

と、随所に経験が活かされた工夫がされています。

では実物を見ていきます。

セキュリポ

ブランドロゴが入った無駄のないパッケージ。

商品を開けてみると、こういうナイロン素材の商品でたまにあるのですが、開けた時の独特なツンとした匂いはありませんでした。

セキュリポ
まずは外観から攻めていきましょう。
セキュリポ
カラーは2色あるようで、違いはこのファスナー部分が赤か黒かみたいなのですが、届いたものは黒のタイプでした。

デザインは至ってシンプルで薄くて軽く、素材はライクラという伸縮性のある化学繊維で出来ているそうで、触り心地はとっても滑らか。

これなら服へのダメージも少ないだろうなと、思ったら…

セキュリポ

内側の部分は通気性のあるメッシュ素材になってた!
メッシュって結構擦れるんですよね。

実際このメッシュ部分をよく触ってみると、内側は物が滑らないようちょっとザラザラした感じに対して外側はツルツルしていました。

引っかかりもないので、これならダメージも少ないでしょう。(良かった…。)

旅先でオシャレする方は多いと思うので、服へのダメージが少なさそうな生地はうれしいポイントではないかなと思います。

ベルトは伸縮性があり、ゴムみたいな感じで、バックルが薄いのが良い。

安いセキュリティポーチはバックルがゴツいのが多いんですよね。ここもうれしいポイント。

それでは中を見ていきます。

ファスナーはYKKなので開け閉めは滑らか。
セキュリポ
外側のポケットの中は仕切りがあり、イヤフォンを通す穴が付いてます。

個人的には、旅先で音楽を聴きながら歩くことは基本無いのでイヤホンは使用しませんが、スマホの充電が無くなったときにバッテリーを繋ぐのに良いかもと思いました。

音楽を聞きながらランニングする方なら、デザインがシンプルなので、ランニングポーチとしても使えそうですね。

セキュリポ

内側のポケットは折り畳まれた2重構造で、マジックテープ付き。

これがなかなか強力で、ベリベリとした音がすごい。

マンハッタンポーテージの肩掛けバッグを使ったことがある方ならわかると思うのですが、ベリベリ感があんな感じ。

これなら容易に開けられることは無いですし、音で気づきますね(笑)

カラビナは取り外し可能なので、お好みでといった感じでしょうか。

セキュリポ

ポケットの中はカードが3枚入れられるポケットもあり、スキミング防止機能なので安心です。
※スキミング とはクレジットカードなどの磁気情報を盗み取ることです。

実際に物を入れてみました。

セキュリポ

パスポート/財布代わりのポーチ/スマホ(手帳型ケースに入ったiPhoneX)/バッテリー/ケーブル/ペン/メモ帳(無印良品のパスポートサイズメモ帳です。)/リップクリーム

持ち歩くものは大体これくらいなので、これらを全て入れてみました。
セキュリポ
全部入れるとこんな感じの厚さに。

バッグとして使うなら、ちょっと出し入れがしにくい気がします。

本来の用途、セキュリティーポーチとして服にインして使用する場合は、パスポートとカード、スマホと現金くらいなので、
セキュリポ
これくらいの厚さになりますね。
セキュリポ
ちなみにスマホは普段手帳型のケースに入れて使用しているので、どうしても厚みが出てしまいますが、ケース無しなら以前使用していたiPhone6 Plusもすんなり入りました。

スマホを入れた状態で防水効果を確かめてみました。

セキュリポ

この状態で10分程放置してみましたが、
セキュリポ
中は全く大丈夫!

乾くまでしばらくシミみたいになっていましたが、完全に乾けば元通りです。

装着して海に入るとかは無理ですが、南国でスコールにあってもスマホは守れそうです。

まとめ

良いと思ったポイント

・コンパクトでデザインもシンプルなので、旅行以外でも使えそう。

・スキミング防止機能に防水効果も期待できる。

・バックルがごつくないのがうれしい。

・これで¥2000前後なのはかなりコスパが良い。

これがあったらもっと良いのに!というところは、
母にアンケートをとったところ、「インナーに合うようなナチュラルカラーがあったらいいな。」との事。
最近は海外旅行を楽しむ年配の方も増えているので、カラーバリエーションがもっとあっても良さそうですね。

キュートラ1号
これを持って早く旅に出たくなっちゃいました

次の旅が楽しみ!実際の旅で使用した際にまたレビューしたいと思います!!

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »