【マレーシア】免税の楽園ランカウイ島。酒税の無制限免税が変更に。


フィリピン旅の途中、次回の旅はマレーシアと決めていました。行ったことのない国にしたかったのもありますが、やたらとこの時期にマレーシア情報が入ってきた事も理由の1つです。マレーシアに決め、帰国後間もなく大きな事件が空港で起きてしまい、クアラルンプール空港が毎日報道されることになってしまいましたが…。決めたものの、1つ気にかかることがありました。それは、マレーシアはイスラム教国のため、近隣諸国に比べお酒が割高なんです。旅の醍醐味は何もしないで朝からビール!の私にとって非常に痛すぎる…。と、思っていたら。

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告

免税で有名な島、ランカウイはマレーシアだった!

ランカウイはタイとの国境に近い島なのですが、てっきりタイだと思い込んでいました。

ランカウイは政府が指定した免税アイランド

酒税もかからないし、ダイビングもできる。そしてビーチもきれいで大人のビーチリゾートなんだとか。私にとってお酒が安いのは何よりもありがたい。だいたい缶ビールで1本¥50~という破格。基本ショッピングはしないので、免税店に行くことはほぼありませんが、他の都市より安く、クアラルンプールと比べると品揃えは決して豊富ではないようですが、全体的に5%は安いようです。

オススメは海外コスメやフレグランスだそうです。

しかし!アルコール類の無制限免税が11月から変更になっていました。

なんという事でしょう…。免税に浮かれていたら、実はルールが変更になっていたではありませんか。今まではアルコール類は無制限で免税でしたが、11月から制限が設けられていました。

たばこ    3カートン(600本)
高アルコール 5リットル
ビール    3ダース(36缶)
※1人当たりの上限(1ケ月)

今のところ、ランカウイには10日ほど滞在したいな~と思っていたので、1日当たり3.6缶…足りない…かも…..。高アルコールということはワインとかだと思うので、まぁ何とかなるでしょう(笑)

今回はエアアジアのスーパーセールで千歳-クアラルンプール間のチケットを早々と取ったので(行くのは来年ですけどね)、クアラルンプール-ランカウイ間の便を調べてみると、最安値でなんと¥1000切っている…。これに荷物や座席指定料金を加算しても¥2000弱。こんなに安いなら、隣の国にでも行っちゃおうかと思いはじめました。最初はタイと思っていたのですが、タイは行ったことがあるしな..でもマンゴ タンゴ行きたいな…。
※マンゴタンゴ【MangoTango】はマンゴーづくしのタイで有名なデザート店です。
と思いはじめたときに、奴が現れたのです。


ザ----------------------ッ

ザザザ------------------ッ

見落としていました近隣諸国シンガポール。きっかけは断捨離中に、昔の同僚からもらったシンガポール土産が出てきたことと、マレーシア&シンガポール特集の番組がやっていたりと偶然が重なり、きっと呼ばれているんだなと思ったので、シンガポールも追加することにしました。(笑)調べてみると、シンガポールとランカウイは直行があったので、やっぱり行かなきゃいけない。そう思いました。
このマーライオン。実はシンガポール各地に合わせて7頭いるそうです。全部コンプリートは絶対しませんが(笑)。行ったときには1頭くらいは見ておこうと思います。

↓参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外ぶらり旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告
トップへ戻る