名古屋から日帰りでお伊勢参り【内宮編】

伊勢神宮内宮

朝6時に名古屋を出発し、外宮参拝後内宮へと移動してきました。この日の天気予報は降水確率90%だったんですよね。外宮では雨に当たりませんでしたが、少し小雨が降ったり止んだりでの参拝スタートです。

お伊勢さんの参拝ルート

伊勢神宮は外宮と内宮に分かれています。外宮と内宮はバスで15分から20分ほど離れています。伊勢神宮の参拝は絶対こうしなくてはいけないというのはないらしいのですが、伝統的な参拝として、最初に外宮を参拝してから内宮参拝をします。

どちらかだけ行くのは「片参り」と言われ、縁起が悪いそうです。せっかく行くのですから、両方参拝しましょう。

内宮参拝スタート

伊勢神宮内宮

五十鈴川に架けられた木造の宇治橋が神宮の表玄関です。

伊勢神宮内宮

伊勢神宮内宮

五十鈴川は澄んだとってもキレイな川で、神聖な雰囲気。

伊勢神宮内宮

参道を歩いてまず目に止まったのは、すごく手入れされた木々。

伊勢神宮内宮

伊勢神宮内宮

ここに食いついているのは私くらいでしたが、ほんとにキレイだったんですよね。(笑)内宮で手を清める場所は、先ほど渡ってきた五十鈴川なので、川へと向かいます。

伊勢神宮内宮

途中、奉納された清酒の樽が飾られていました。

伊勢神宮内宮

三重県のお酒ってすごく種類があるんですね。

伊勢神宮内宮

五十鈴川へ到着。投げ銭はしないで下さいと書いてありますが、既に川にはたくさんの投げ銭がされていました。

伊勢神宮内宮

とても透明度の高い川なので、小魚もたくさん見えました。魚たちのためにも投げ銭はやめましょうね。

伊勢神宮内宮

伊勢神宮内宮

紅葉が水に映り込んでいてすごくキレイです。

外宮参拝時にはマップを持っていなかったので、持っている人に付いていって周りましたが、内宮ではしっかりマップを持って進みました。

外宮・内宮共にまずは正宮から参拝して別宮を参拝するのが順番だそうです。そして、正宮だけを参拝するのは問題ないそうなのですが、別宮だけ参拝して正宮をお参りしないのは良くないそうですよ。

伊勢神宮内宮

正宮内はもちろん撮影禁止。撮れるのはここまでです。

伊勢神宮内宮

伊勢神宮内宮

伊勢神宮内宮

外宮も内宮もとにかく別宮がたくさんあります。全部きちんとお賽銭を入れてお参りするならば小銭はいっぱいあった方が良いと思います。私は小銭の持ち合わせが少なかったので、正宮だけはお賽銭を入れましたが、別宮はご挨拶だけしてきました。

キュートラ1号
前もって両替しておくと良いかも

伊勢神宮内には外宮、内宮ともに売店もありませんし、自販機ももちろんありません。お守りなどを取り扱う授与所のみですので、両替するならば、伊勢神宮に入る前が良いですね。

伊勢神宮内宮

全ての参拝を終えて、再び宇治橋を渡り戻る途中、冬桜が見えました。冬に桜が咲くなんて道産子には羨ましい限り。思いがけずに来たお伊勢さん。人生に一度でも来られて良かったと思います。

この後はお伊勢参りの定番、参拝後はおかげ横丁やおはらい町での食べ歩きスタート!次回はその模様をお送りします。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »