EBRIは穴場のオシャレスポット

江別EBRI
前から気になっていたのだけれど、ちょっと遠いし、なかなか行く機会がなかったEBRI(エブリ)。

小さな商店街をイメージしたという、「えぶろじ」がグランドオープンした日、ちょうど休みだったので行ってみることにしました。

EBRIって?

札幌のお隣、江別市は赤レンガで有名な町。
江別EBRI
江別の赤レンガは100%江別産の土を使い作られています。

EBRIは赤レンガ工場跡(旧ヒダ工場)の跡地を改装した施設で、EBETSU(江別)とBRICK(レンガ)の造語から名前が付けられたそうですよ。

札幌から車で約1時間程、JR函館線 野幌駅からは約徒歩5分で行くことができます。

江別EBRI
EBRI到着!

今回は寄り道したいところがあったので車で行きましたが、場所もわかりやすく駐車場も広い!

えぶろじ

江別EBRI
グランドオープン当日だったので、かなり賑わっていました。
江別EBRI
この日は兎に角、EBEZZA、そして屋台カフェmenzoがグランドオープン。
江別EBRI
昼時にはどのお店も満席で、15分〜20分待ちだったため、比較的お客さんの回転が早い屋台カフェmenzoでランチをすることにしました。
江別EBRI
このカフェは飲茶とラーメンのお店で、ラーメンを2種類注文。
江別EBRI
山椒香る特製濁り赤味噌

スープを飲んだ後ふわっと山椒が感じられる、コクのある赤味噌ラーメン

江別EBRI
江別のヘルシー野菜白湯麺

野菜がたくさん入っていて、チーズがたっぷり入った洋風ラーメン

どちらも器が素敵で、お店の方に聞くと、お店の食器は東京で買い付けてきたこだわりの器だそうです。
江別EBRI
お水もレモン水で、オシャレ。

後ろのトナカイは木の枝で作られていて可愛かったです。

石窯で焼くスイートポテトのお店 BRICK HUT

江別EBRI
スイートポテトのほか、焼き芋やソフトクリームがありました。
江別EBRI
焼きたて熱々は美味しそう。
江別EBRI
ここでデザートを買って、EBRI内にあるNOPPORO COFFEEに持ち込みが可能。食後のデザートに…と思っていましたが、すでにラーメンでお腹いっぱいで食べられなかったので、買って帰りました。

NOPPORO COFFEE


お店で焙煎しているので、
江別EBRI
豆が新鮮で美味しそう。

食後にコーヒーでも…と思っていたのですが、お腹がいっぱいで、今飲んでもせっかくのコーヒーの味が半減するなぁ…と思ったので、自宅で気軽に飲めるドリップコーヒーを購入しました。

今度はここで器も素敵な美味しいコーヒーをゆっくり飲みたいですね。
江別EBRI

カントリーマーケット

江別EBRI
こちらはイベント出店らしく、12/30まで開催されるそうです。
江別EBRI
色んな作家さんの雑貨がズラリ。
手作りで一点物も多く、個性あるれる作品が多かったです。
江別EBRI
休憩スペースもオシャレ
江別EBRI
江別の特産品や野菜、果物のマルシェなど、色々と楽しめる空間でした。

今度はゆっくりコーヒーを楽しみにまた来たいですね。

EBRI

江別EBRI

EBRI公式サイト

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »