新琴似音楽祭2017-今年も開催決定!-

実はこのブログを始めて1発目にこの音楽祭の記事を書きました。書き終えたあと読み直すと…あまりにも支離滅裂。写真が1枚も無い。なのでお蔵入りしていました(笑)今でも文章がうまくなったとは言えませんが、もう一度書いてみようと思います。

去年の夏、地下鉄の駅通路で見かけた「新琴似音楽祭2016」のポスター。読んでみると、新琴似中央公園という所でライブをやるらしい。ちょっとしたフェスっぽい。しばらく夏フェスには行っていなかったので、音楽祭に行ってみることにしました。入場料は無料にもかかわらず、プロのミュージシャンも出演する太っ腹企画です。唯一あるのはこの画像…。見に行くときにキャプチャーしていたタイムテーブルです。

最後の16:00はみんなでゴミ拾いタイムが組まれ、なんとも微笑ましいイベントです。

このタイムテーブルの大枠に載っている3組がプロのミュージシャンです。まずは月光グリーン。北海道出身のロックバンドで、北海道のスター(笑)大泉洋さんと同じ事務所オフィスキューです。北海道の番組テーマ曲やCMのほか、新劇場版 頭文字D の劇中歌なども手掛ける地元では有名なバンドです。

続いてナイトdeライト。札幌発の希望を歌うロックバンドというキャッチフレーズの付いた彼らは、北海道のサッカーチーム、コンサドーレ札幌の公式サポートソングや、北海道土産の定番、白い恋人のCM曲などを手掛けたバンドです。ライブハウスだけではなく、学校や教会、老人ホームなどでもライブを行っているそうです。

トリはフラチナリズムです。このバンドのキャッチフレーズが「売れないバンド界イチ売れてるバンド」。北海道出身ではないのですが、4ヶ月ほど札幌に移住し、すすきので流しをしながらライブの告知。ニトリ文化ホールをいっぱいにしたらメジャーデビューという企画でデビューしたバンドです。その縁もあり来てくれたようです。写真が無いのが残念ですが、面白かったのがフラチナリズムのファンのみなさんがおそろいで着ているTシャツです。「お願いだから売れてくれ!」と書かれていました。(笑)タイムテーブルのピンクの部分に※みんなで乾杯や※即興と書かれているところもフラチナリズムのメンバーが場を盛り上げるというコーナーで、子供からお年寄りまで楽しんでいました。私の斜め前に座っていた、多分近所のおじいちゃんはノリノリで踊っていました。みんなを盛り上げていた曲も載せておきます。

本当に楽しいバンドでした。そして私が一番好きだったのが、フラチナリズムの前に演奏した1LDKというアマチュアのバンドです。この当時なんと結成1ヶ月だというのに完成度が高い…。会場ではプロアマ問わずにCDを販売していましたが、なにせ結成1ヶ月ですからね。もう一度聞きたいな。と思っていたら、彼らはアルバムを配信していました。しかも無料です。このアルバムはライブの音とは違うのでちょっとポップな感じがしたのですが、素敵なバンドですのでこちらも聞いてみて欲しいなと思います。

Get the NewAlbum by 1LDK

個人的には一番最後の曲One way roadが好きです。ライブで吸い込まれるように聞いたのがこの曲でした。アルバムはちょっとPOPな感じですが、実際に聞いたときはしっとりした雰囲気で、ぜひ生で聞いてもらいたいなーと思う曲です。ライブ情報もありますので機会があれば是非。おすすめのバンドです。

そして、

今年も新琴似音楽祭2017が開催決定になりました!!

9月10日(日)10:00~16:00
入場無料
会場 / 新琴似中央公園(札幌市北区新琴似8条11丁目)

ゲスト 第1弾発表!では昨年にひき続き月光グリーンの出演が決定しています。随時発表されて行きますので要チェックです!新琴似中央公園への行き方も載っていますのでこちらをご覧ください。

http://sinonsai.web.fc2.com/HTML/index.html

今年の音楽祭も楽しみです!

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

トップへ戻る