上海中国茶詐欺

ガイドブックやネット上でも注意として書かれている中国茶詐欺。

主な手口

・観光客を装い、写真を撮ってくださいなどと声を掛けられる
・そのあと数分立ち話をする。
・ここは寒いもしくは暑いからお茶しに行こうと誘われる。
・茶館に入り巧みに誘導されお土産まで買わされる。
・クレジットは使えない(支払いを停止することができるため)現金のみ。

私はお茶に誘われるところまで体験。
事前に注意書きを読んでおいて良かった…と思いました。

多発エリア

8ea82ad719184beeae8fc97fb34fd954_s
人民広場  
南京東路  
豫園商城  
外灘エリア

上海に行ったら必ずと言っていいほど立ち寄る観光名所です。

日本語、もしくは英語で話しかけてくるのですが、カップルで近寄ってくるパターンが多いようです。私の時もそうでした。「写真を撮ってもらえませんか?」ここから物語が始まります。周りを見渡すと本物の観光客は…。

b996b7590feb9efc4eebebf2e5620508_s

自分で撮っている人が多いです。今では自撮り棒(セルカ)もダイソーで売っている時代。もちろん上海の路面でも安く売っています。注意書きを読んでいたので、すぐに「これが例のあれか」と思ったと同時に、本当にいるんだな…と思いました。この時の私はインドに向かう途中のトランジットで、空港での待ち時間がありすぎたので中心部まで行きました。

外難をぶらぶらし、徒歩圏内の南京東路にある滄浪亭(ツァンランティン)蘇州麺(スウヂョウメン)を食べに行きました。※蘇州麺は、中国を代表するラーメンです。滄浪亭はチェーン店ですが蘇州まで行かなくてもお手頃に堪能できます。

そこから空港へ向かう途中の人民広場で遭遇してしまいました。

シチュエーション

①英語で話しかけてきた香港から旅行で来たというカップルに写真を撮るのを頼まれる。
②上海は初めてで、観光で今日で3日目。
③2人は来年結婚予定で、新婚旅行で日本に行きたいと言う。
④日本の事をもっと聞きたい。ここは寒いから良かったらお茶をしないかと誘われる。
⑤昨日行ったお店のお茶が絶品だったという。

面倒なことになる前に、トランジットで立ち寄っただけで、もう空港に戻らないといけない事を伝えお別れしました。

あれから18日後…

インド帰りに3日間、オーバーストップで再び上海へ上陸しました。目的は趣味の問屋街へ行くことと、小龍包の本場「南翔」へ行く為でした。

南翔
%e5%b0%8f%e9%be%8d%e5%8c%85
小籠包のふるさととして有名な街です。
南翔は地下鉄2号線で上海の中心部から約30分。
南翔駅2号出口にバス停があり、10分ほどで到着します。
(古猗園というところで降りると近いです。)

目的を果たし帰国のため空港に向かう途中、再び人民広場を通過しました。

あのカップルが居ました…。

2週間も経過し、カモにならなかった私の事など全く覚えていないのでしょう。笑顔で近づいて来ているのを感じながら、面倒なことになる前に見なかったふりをしてその場を去りました。

c555c377d5dbefd178436859c6460dd7_s
通貨が変わると金銭感覚も慣れるまで時間がかかりますよね。日本より安くても現地としてはどうなのか?短期間での滞在では感覚をつかむのは難しいのですが、私はコンビニやスーパー、マクドナルドで比較してからお金を使うようにしています。

特に大好きなビールで比較しますが…。

事前に防げることはたくさんあるので、気をつけつつ、楽しい旅にしたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告
トップへ戻る