【日帰り温泉】なんぽろ温泉ハート&ハート

今回の休日トラベルは、札幌から車で約1時間。南幌町にある町営温泉に行ってきました。

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告

この温泉の魅力は何といっても100%源泉かけ流し

100%ですよ!!泉質はナトリウム-塩化物強塩泉(旧泉質名:強食塩泉)ですので、しょっぱいです(笑)そして、ラドン泉もあります。※ラドン泉とは、安全な一定の濃度に保たれたラドンガス(放射能)を送った温泉のことです。血液循環や免疫力が向上の効能があるそうです。

さっそく中へ。入口は2つあり、宿泊施設のある新館と、日帰り入浴専用の本館です。こちらは本館の入口。町営だけあって安いです。

ロッカーに靴を入れ、券売機で入浴券を購入し中へ。

館内の様子


明るい館内には地元や近隣の野菜や果物、加工品が販売されていました。お値段は安からず、高からず。南幌町の名物はキャベツです。売店にはキャベツどら焼きやロールケーキが販売されていました。

どら焼きは生地に。

ロールケーキはクリームにキャベツパウダーが練りこまれているようです。どら焼きを購入したどこかのおばあちゃんの声。「キャベツの味特にしないけど…。」だそうです(笑)

このほかにも名物のキャベツキムチが販売されていますよ。

温泉は2か所あります。


こちらは本館の入口

そして、宿泊施設もある新館の入口です。どちらも入ることができます。入口は2つありますが、露天風呂に通路があるので、行き来することができました。

浴室内の様子

・ボディーシャンプーとリンスインシャンプーは設置。

・どちらにもサウナがあり少し小さめ。TVは無し。新館のサウナはAMラジオ、本館サウナは無音です。

・ドライヤーも設置で無料。他のアメニティはありませんので持参してくださいね。

・露天風呂にもTVは無し。
時々聞こえる鳥の声と温泉が流れる音、そして常連さんの会話が聞こえてくる。そんな、のどかな温泉です。

重要ポイントが、水を飲むところが浴場内、脱衣所に無いという事です。一旦浴場を出て自販機横の水とお茶の出る設備を利用、もしくはレストランにしかないそうで、常連さんは皆ペットボトルを持参していました。温泉での水分補給は大事!湯あたりしないよう気を付けましょう。

休憩スペース


休憩スペースは窓際(通路)にあるイスとテーブル席
そしてレストランの隣に大広間があります。この他に、本館入口入ってすぐの所にも大広間の無料休憩スペースがありました。人が多かったので写真が撮れませんでしたが、一番広いと思います。建物がそこそこ古いため、古い旅館の匂いがしました。

レストラン

レストラン前にある券売機。メニューのポスターも多くカオス状態。

券売機は2台あり、メニューボタンを探すのが大変(笑)

このレストランのイチオシは南幌温泉名物キャベツ天丼。丼にそびえ立つキャベツの天ぷらが圧巻の一品。なのですが、たくさん食べると温泉に入るのが苦しくなるので、今回は軽めに売店でも販売されているキャベツキムチを注文。

味の感想としては、ピリ辛の浅漬け。といった感じでしょうか。お酒のおつまみには最高!ですが、車で行ったため、ノンアルビールでいただきました。休憩後は再び入浴し、朝から夕方まで温泉を堪能しました。露天風呂をつなぐ回路は暗くなるとライトアップされるそうです。七色の回路と書かれていました。浴室内は写真がありませんので、HPから見ていただけると良いかなと思います。

北海道にはたくさんの温泉がありますが、源泉かけ流し温泉は非常に少ない気がします。ここの温泉は芯から温まり、翌日もお肌すべすべのお湯でしたよ。そんな贅沢な温泉をたった¥650で楽しめるのは、町営ならではだと思います。

南幌温泉ハート&ハート
空知郡南幌町南9線西15番地
TEL:011-378-1126
営業時間(日帰り入浴):10:00~22:00
日帰り入館料
大人(中学生以上):¥650(入湯税込)
子供:¥300

日帰りでも十分温泉が楽しめました。こんな休日トリップはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レスポンシブ大広告
トップへ戻る