美しすぎる島 カランガマン

2017/1/25

今回の目的カランガマン島へ

セブ島に決めたのもカランガマンがきっかけだったので、1番のメインイベントです。約束の時間にマーヴィンが迎えに来てくれました。バンカーボートはバウンティビーチから出るそうで、ホテルからは歩いて5分程です。乗船前に、マービンに料金を支払い船に乗り込みました。一緒の船に乗る人はほとんどが欧米人でした。

この日は波が少し高く揺れ、全身びしょ濡れになるくらい波をかぶりましたが、どうせ島に着いたら泳ぐので濡れても平気です。誰もがジェットコースターに乗るかのようなリアクションで、波をかぶると「whooooooooooooooooooooooooo!!!!」という歓声があがりました。みんなかなり楽しんでいるのに対し、スタッフが苦笑いしていたのがとても面白かったです。

途中、トビウオをたくさん見かけながら、波に揺られること1時間半ほどでカランガマンが見えてきます。とにかく船が揺れ、船のバランスをとるから席から動かないでね!と、スタッフから声がかかり、写真はほとんど撮れませんでした。

島へ到着し、下船する前にスタッフから泳いではいけない場所、帰りの時間、ランチの時間などの説明がありました。じりじりとした日差しの中、まずは日陰のある場所を確保します。藁葺屋根の付いた場所もありましたが、せっかくなのでヤシの木の下で。

このツアーではアルコールが無いと聞いていたので、事前にサリサリ(島の商店)で購入し持参(笑)。スタッフにお願いし、クーラーボックスに入れてもらいました。着いてすぐ飲みたかったのですが、ランチまで我慢。散歩したり、泳いだりしてのんびり過ごしました。海の透明度は素晴らしく、海でぷかぷかしている間にかなりの日焼けをしました。何故かピンポイントで裏ふくらはぎだけ…。日焼け止めを塗り忘れていたからでした…。

看板の先は遊泳禁止エリアです。

いよいよランチ!スタッフがテーブルに並べた後、「Let’s Photo Time!!」と声がかかり、皆一斉にランチの写真を撮りました(笑)


この魚を撮っている最中にランチスタート!ものすごい勢いの争奪戦です。ごはんや魚もワイルドに手づかみでお皿に盛っていく人多数で、写真を撮っている場合ではありませんでした(汗)

ランチ後は出発までまったりのんびり。何もしない幸せです。帰りも波に揺られ、いっぱい波しぶきを浴びながらマラパスクアへ戻りました。下船すると島のガイドたちが待っていました。チップを貰うためです。マーヴィンにチップを渡しホテルへ。

かかった費用

カランガマンのツアー 600PHP(約¥1,320)
※ランチ込
入島税        500PHP(約¥1,100)
チップ         50PHP(約¥110)
持参ビール       45PHP(約¥99)
計 1195PHP(約¥2,630)

こんな美しい島で1日遊んでこの料金。コスパは良いと思います。

マラパスクア最後の夜は…やはりアンジェリーナで。

ベジタリアピザ 370PHP(約¥815)

そして…

いろいろな種類のサンミゲルを飲み比べして就寝(笑)
翌日午後にセブシティへ戻ります。

次回はマラパスクア&セブシティへの移動を書きたいと思います。

↓参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外ぶらり旅へ

トップへ戻る