【インドネシア】神々の島バリ島へ ウルワツ寺院のケチャダンス

私の中では、バリ島はハワイの次に新婚旅行で行く所のイメージがあり、きっとおしゃれで洗練されているのだろうなぁと思っていました。到着してみると、そうでもなかったのが逆に安心(笑)。素敵な所もたくさんありますが、庶民的なエリアを選んだからかもしれません。

拠点に選んだのはKuta(クタ)。雑誌などでみるリゾート地のヌサドゥアとは方向も逆のエリアです。ヌサドゥアは交通便がちょっと不便のようなので、ここだけでゆっくり過ごすなら良さそうです。

ホテルもお高めで高級リゾートエリアなので、新婚旅行でもなんでもない私には手の届かないエリアです(笑)。一方クタは庶民的でホテルもピンキリ。いつものように最低限の条件を満たしたホテルを探し、宿泊したのがマタハリゲストハウス。1泊1部屋¥1400程でした。お世辞にもきれいなホテルとは言えませんが、汚くもない。シャワーの温度も水圧も満足。冷蔵庫は大きく、冷凍庫まで付いている。スーパーまで徒歩3分、ビーチまでは徒歩5分です。レギャン通りの入口ベモコーナーも、安くておいしい食堂へも徒歩5分だったので、本当に立地が良かったです。

午前はバスチケットの手配とビーチをぶらつき、午後はウェンディーツアーという会社で、ケチャダンスを予約していました。あいのりバスで行く、1人¥3000のツアーです。支払いも円でOK。あいのりしたのは、バリに留学中の日本人の女の子。1ヶ月の短期留学で翌週帰国なのだそうで、思い出に参加したそうです。

ケチャダンスはウルワツ寺院とタナロット寺院という2ヶ所で見ることができます。今回のツアーはウルワツ寺院でした。ケチャダンスが始まるまでは寺院内の見学をしながら、ダンスの会場へと向かいます。サルがたくさんいるので荷物に注意してください。日が落ち始める頃にダンスが開演しました。

ケチャケチャ言っているこのたくさんの男性。1時間以上ずーーーーっと言っているんです。若い人からそうでもない人まで…体力使う大変な仕事だな~と別目線で見てしまいました(笑)。動画は始まりの部分だけです。このテンションで1時間以上ケチャケチャケチャケチャ….

途中サンセットも同時に見ることができます。

クライマックスのシーンの頃にはすっかり日も暮れて、演出の炎は迫力があり見応え十分。失礼ながらそんなに期待していなかったのですが、結構面白かったです。バリに来たら1度は見ておくべきだと思います。ケチャダンスが終わり、夕食会場のTギャレリア(免税店)へ向かいました。バリ島初日の夕食がまさかの中華(笑)。ごはんも女の子と一緒に食べたのですが、「久しぶりの中華美味しい!!久しぶりに違う味!!」とかなり喜んでいたのですが、数日後その意味を知ることになりました。

ここでもやっぱりビール!(飲み物は別料金です。)

食後はここで解散。ホテルまでは自力で帰ることになるのですが、Tギャレリアから無料で送迎があると聞いていたので、送迎の受付カウンターがある1階の裏側にある出入り口へ。私のホテルはここから10分程なので余裕の送迎エリア内です。女の子が住んでいるのはサヌールというところらしく、車でで1時間程だと言います。きっと遠いから送迎してくれないと思う。と言うので試しに聞いてみたところ、あっさりOK。タクシー代が浮いたと喜んで帰っていきました。結構広範囲で送迎してくれるようなので、まずは聞いてみると良いと思います。ちなみにドライバーは個人的に仕事を取りたい人が多いので、車をチャーターしないかと営業してきます。利用したい方は交渉してみると良いかもしれません。

このツアーは日曜日のみなので、曜日が合えばお得かもしれません。他のツアーもあるようですので、詳しくはHPをご覧ください。

今回参加したツアーのスケジュール

ウェンディーツアー
◆格安・あいのりバリ島観光 毎週日曜日運行 【ウルワツ寺院ケチャ号】
所要時間 約6時間 
15:30 ウェンディーツアーオフィス(プルマタ・クタホテル内)から出発
16:30 ウルワツ寺院到着 寺院内見学 
18:00 ウルワツ寺院にてケチャダンス鑑賞
20:00 Tギャレリア併設のレストランでディナー(中華料理)
21:00 ディナー終了後Tギャレリアで解散

↓参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外ぶらり旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大広告
トップへ戻る